2014.05.30 Friday

今年も色々な野菜を植えつけた、ジャガイモ、トマト、サラダ菜、いんげん、落花生、なた豆。
トマトはそろそろ青いながら実をつけ始めた、このところ毎日収穫しても食べきれないのがサニーレタスとサンチュのサラダ菜、写真はそのサンチュ、不思議と虫に食べられない、最初60円のサニーレタスの苗を3株買って、後で寄せ植えのサラダ菜を買ったものだから15株全てが成長して食べきれない。
そろそろ庭の花が寂しくなってきたので昨日ホームセンターでペチュニアを仕入れて植え付けした、ついでに買ったのが落花生、この落花生は大玉となっていたので大きな実がなるようだ。

なんと昨日のブログ来訪者564人今までの最高、少ない時は20人程度、人気ブロガーに比べたらまだまだ可愛いもんだけどね。


2014.05.28 Wednesday

今住んでいる住宅地は山の中腹を切り開いて開発しバードタウンと名づけて売り出ししたもので、今でも野鳥がたくさん居る、その内キジバトは人が近づいても中々逃げようともせず人なれしている、そのキジバトが庭の藤棚に巣を作ったようだ、一日中巣の上に座っているので卵を抱いているのかも、今まで藤棚には何回か巣を作りかけては放棄していたのだが、今回はどうやら本物のようだ。

2014.05.26 Monday

昨日は関西ナツメロクラブの第156回例会がありました。
出席は33名、このところ新しい顔が増えてこの会もだいぶ様変わりしてきた。
古い会員が1人欠け2人欠けして寂しくなります、皆高齢者だから仕方のないことですが、既に亡くなった会員も、この会で歌うことが唯一の生きがいと言いながら病院を抜け出して来た人もいました。

昨日は順調に進行していたが急にテープレコーダーが故障してテープ持参の人が歌えなくなり大慌て、ホテルの人が倉庫から古いカラオケ装置を探し出してきてやっと回復、一時は今日は相当遅れそうだと覚悟していたが5時10分には全員歌い終わり胸をなでおろした。

自分は上原敏の「娘田草舟」と「親恋道中」を唄った、ボイストレーニングの成果か良く歌えたと思う。

2014.05.23 Friday

別れの磯千鳥 フランシスコ座波作曲 福山たか子作詞 近江俊郎 唄

5年前にウクレレ演奏会で歌ったことがある、たいていのハワイアンバンドがこの曲を演奏する、確かにハワイアン調にアレンジすれば結構ハワイアンとしていける、作曲したのはハワイ在住の座波嘉一(ザハカイチ)と言う日系二世、道理で歌謡曲離れしているものうなづける。

座波嘉一は戦前、流行作曲家のレイモンド服部を頼って作曲の教えを受けるため来日した、やがて昭和16年太平洋戦争開戦となり道半ばでハワイに帰った、彼はその年に亡くっなっている、おそらく別れの磯千鳥は昭和16年あたりの作曲と思われる、彼が亡くなってもこの曲はハワイの日本人部隊(第442部隊)によって歌い継がれ一般市民にも浸透していった、戦後になって昭和27年に歌手の近江俊郎がハワイ土産として持ち帰り、吹き込みするとたちまちヒットした、今では懐メロ会では知らない人はいない定番曲となっている。

リバイバルブーム時に井上ひろしが吹き込みしているが今聴くと演奏はハワイアン調だ、ハワイアンバンドのバッキー白片も演奏しているのでその影響か?
コードは近江俊郎がC、井上ひろしがBb、バッキー白片がF
楽譜は全音歌謡曲大全集2にあります。

2014.05.21 Wednesday

我が住まいの近くに蓮如上人開祖の寺がある。
そこの坊さんが不定期で愚僧独言なる新聞折り込みチラシを配布していて、名言が多くいつも熟読している、今日の新聞にも入っていたので書き出して見る。

最近、珍名とも呼ぶべき奇妙な名前が増加している、大宙(てん)月(あかり)虹実(ななみ)獅雄(れお)等々、名づけ親にはそれなりの言い分があるのだろうが、子供に不利益をもたらすことはあっても、良いことは無い。
吉田兼好も寺の名前を語った後で「人の名も見られない文字を付けようとすることは益の無いこと、何事も珍しいことを求め異説を好むのは教養のない人のやることだ」と書いている。
子供のことを考えるなら親の自己満足のために珍名をつけるのは避けたほうが良い。

自分の隣にも赤ちゃんが生まれた、で名前が「花音」、確かテレビに登場するジャリタレにもいたような?
もう最近の子供はまともな名前は殆ど有りません、○○子、○○江など過去の遺物になってしまいます。
「他人のことはほっといてくれ」と言われそうだが、小学校の先生や病院、銀行などの呼び出しでも支障をきたすのではと他人事ながら危惧してまう。

2014.05.19 Monday

亡くなった義弟が飼っていた30匹近くの金魚の内大部分は小学校に引き取ってもらい、残ったらんちゅうを家で飼うことにした、あれから1ケ月経ち新しい住みかに馴れたのか悠々と泳いでいる、水槽に近づくと餌をねだるようになり可愛いところもある。


2014.05.16 Friday

5月の例会で「親恋道中」を予定しているが、この曲は上原敏以外にも高田浩吉も吹き込んでいるのに今日初めて気づいた、どちらも作詞は藤田まさとで作曲は服部逸郎、メロディは前奏から全く同じだが歌詞の内容が違う。

上原  泣いて暮らすも 笑うてすむも
高田  不幸者よと お袋様は
高田の方は2番までで間に映画の1シーンらしき長いセリフが入っている。

そして発売もほぼ同時期、上原が昭和14年3月、高田が昭和14年8月、これは一体どういったいきさつであろう。
この曲は松竹映画「親恋道中」の主題歌として使われ主演は高田浩吉である、映画の中ではどちらの曲が採用されたのか、高田であれば映画のために吹き込んだのかもしれない。

2014.05.12 Monday

今回初めてリサイクルショップに不用品を売りに行った、亡くなった義弟が値札の付いた衣服を大量に買い溜めしていた、それとこれまた大量のフィギュア、合わせて大のゴミ袋2個に詰めて持ち込んだ、「査定が終わるまで暫くお待ちください」でしばらくして査定が終わった、結果衣服が1000円、フィギュアが100円、衣服は全て未使用で、持ち込んだ合計金額がおよそ50000円、店としてはプレミアで無い限り新品の査定は見てもらえないようだ。

2014.05.09 Friday

自分の母親も等々ボケてしまった、同じことを何回も言うことから人が物を盗んだと言いだし隣人が杖を盗んだ鍬を盗んだと言って迷惑をかけた。
こう言う兆候が始まれば確実に認知症と疑わなくてはならない。
同じお隣りでも隣の国は「日本が島を盗み取った」と他国に行っては叫んでいるが、これも症状から言って認知症か、今日のニュースでもベトナムの船に体当たりしてアメリカが非難すると「二国間の問題だ第三国が口出しするな」などと言う始末で取り付く島もない。

2014.05.08 Thursday

時代小説、特に市井物が好きで宇江佐真理の連続もの「髪結い伊三次」をずっと続けて読んでいる。
時代小説家は当時を研究しなくては書くことはできない、その中に今は使われていない江戸言葉が頻繁に出てくる「おきゃあがれ」もその一つで、人にからかわれた時によく使われる、大阪ならさしずめ「何言うてけつかる」のようなものか。


2014.05.02 Friday

先日亡くなった義弟がたくさんの金魚を残した、犬や猫の場合は動物愛護施設など引き取り先があると思うが金魚はそう言った施設があるのか散々探したが見つからず、娘の同級生が地元の小学校で教師をしているので相談すると引き取っても良いとの承諾を得てホットした。
その中の一匹が写真の金魚で「らんちゅう」と言う品種と思うが15センチくらいの大きさで一匹だけ単独の水槽で飼われていた、別の金魚と一緒にすると攻撃されてしまう、可哀想なので仕方なくこちらで飼うことにした。
10年前に住宅地の公園の池にメダカを誰かが放してたくさん繁殖したが、この池は雨が降らないとすぐに干上がってしまう、いよいよ水が少なくなってアッブアップしだしたので持ち帰り水槽で飼っていたことがある、魚類の飼育はそれ以来のこと。



2014.05.01 Thursday

IE

ニュースでMicrosoftIEに瑕疵が有り使用するとウイルスに感染するので他のアプリを使用して欲しいとのこと今月14日には対策が取られるらしいが、それまで待ってられないのでグーグルクロームをインストールした。
ウイルス防御ソフトのウイルスバスターを購入しているのにこのソフトは防いでくれないのだろうか?高い銭出して買っているのに....
Microsoftさんしっかりしてよ!!

Pagetop

Calendar

<< May 2014 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Recent Entries

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

QR code