ぶろぐろじん

懐メロのこと、その他日常の出来事などつぶやきたい時に発信して行きたいと思います。
介護2
母はまだ退院出来ませんが付き添いは無くて良いとのことで本日やっと解放され帰って来ました。
自宅の生活になれてしまっているので環境が変わると体調に何らかの変化を与えるもので一時血圧が190になり慌てましたがやっと130代に戻りました、兄の時もそうでしたが近くの部屋に奇声を発する女性、大声で「オーイ」と四六時中ナースを呼ぶ男性、これでは到底熟睡できません。
auther : 夏目魯人 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
介護
田舎の母が倒れて急遽入院の電話を受け、取るものも取り合えず帰省しました。
入院先の病院は私が高校生の頃に入院した所で、くしくも50年ぶりに泊まりました。
付き添い介護は癌で亡くなった兄の時以来6年ぶりです、その時も長い介護でもう限界と云う時に亡くなりました。
それにしても介護士の皆さんは、あんなにキツイ仕事を毎日笑顔で患者に接してあらためて頭が下がります。
毎日会社で化粧ばかりしている○○OLの2倍は給料をあげてください。
auther : 夏目魯人 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
恋の編笠
恋の編笠 上原敏 宮本吉次 鳴瀬純平 S11 POL
諸国を流れ行く新内流しを唄ったものだろうか、3番の歌詞に「恋の仇花左褄」とあるが私のレベルでは意味が良くつかめない。
今朝のNHKのラジオで染色随筆家の木村孝さんのインタビューを聴いた、その中で左褄を取るのは芸者で「昔左褄を取った」と言うのは以前は芸者をしていたと言うことであるとのこと、もし時代が江戸なら女が諸国を旅することは無いので主人公は男で恋をしていたのが芸者と理解すべきか....
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
ネット通販
年末に電子レンジが回転しなくなり、12月27日にAmazon.comで注文しました。
お届け予定日は以下のとおりです。
2013-01-6 - 2013-01-10
正月休みが入るので仕方ないか、と思って待っていましたが、6日になっても9日になっても未発送のまま、いよいよ10日の期限が来ても未発送、いらいらしていると下記のメールが来た。
誠に申し訳ありませんが、ご注文いただいた以下の商品の入荷遅延により、お届け予定日を変更させていただきました。
お届け予定日: 2013-01-20 - 2013-01-26
商品は引き続き入荷できるよう手配しますが、万が一、仕入先から入荷の見込みがないことが判明した場合、またはご注文数が入荷数を上回った場合、やむを得ずご注文をキャンセルさせていただくこともありますので、ご了承ください。

ふざけるな(+_+) 在庫5になっていたから注文したのに、いったいなんなの!! もう直にキャンセルしました。
テレビ通販であれば担当者からお詫びの電話もあろうもの、ネットの場合は全てメールだから誠意は全く伝わらない、こんなんで良いのだろうか?

auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
MIDI公開
大村能章の著作権が本年フリーとなりました。
彼の作品はかなりたくさんありますが、その内MIDI作成済み全49曲を「懐かしの流行歌」に公開しました。
ダウンロードは自由ですが他のサイトに無断転載は厳禁に願います。
また最近某ナツメロ会で拙作の公開MIDIをダウンロードして持ち込み歌われている人がいると聞き及びしていますが出来ましたら感想など連絡いただけたら幸いです。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
誕生日
昨日が誕生日だったのですが、この歳になると少しも嬉しくありません、段々棺桶に足を突っ込んでいるようで、70代になるなど恐ろしくもあります。
3年前に拾った犬が生後何ケ月か判からなかったので病院に登録する時に自分と同じ誕生日にして置きました、こうしておけば妻が私の誕生日を忘れても犬の誕生日は忘れないだろうと言う下心があったのも事実です。
昨日は赤飯とケーキで血糖値が169と大幅にアッブしました。
後悔後に立たず。
auther : 夏目魯人 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
夢の鉄兜
夢の鉄兜 小野巡 奥野椰子夫 橋本成美 S12 MIR

戦時歌謡であるが軍歌のような勇ましいものではない。
どこか悲哀のこもった感動を与える詩である、戦死した我が子の代わりに点呼の列に並ぶ母。
小野巡の唄う曲は戦時歌謡が大半であるが、ほとんんどがこんな感じの曲が多い、この曲はビクターを退社し自ら立ち上げたミリオンレーベルである。
やがてミリオンが解散し彼はテイチクに移るわけであるが、テイチクに移っても結構ヒット曲を出している。
ところで歌詞にある愛児の「仁杉秀雄」とは実在した人であろうか、国会図書館で調べれば判ると思うが中々その行動もとれず終いである。


あゝつわものを 夢に見て
逝ける愛児の 身代わりと
駒場の丘の 朝まだき
点呼の列に 並ぶ母

仁杉秀雄と 呼ぶ声に
答える母の うるみ声
壮丁たちは 皆泣きぬ
大和男子は 皆泣きぬ
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
2013年
新年を迎えました、今年の目標は無い、と言ってしまえばボケが早まるばかり、いままで気合が抜けていた楽器の練習をもっと真剣に取り組むこと、近い将来にコンサートを行うこと、元々そう願って始めたことなのだから。
レパートリーは十分揃っているもののいざ10曲もとなると全く自身が無い、かかさず日に何時間も練習しなくてはかなわないことなのでしょう。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |