2018.07.22 Sunday

先週のこと、テレビ画面に懐かしい景色が映し出された、方々の珍しい地域を訪ねる10chの若一調査隊での場面のこと。
その場所は姫路市の近くに有る太陽公園と言う施設、10年前、嫁の退職記念に彼女の母親と田舎の母親と妹を誘って塩田温泉に一泊旅行にに行った帰りに訪れた。
モアイ像、パリの凱旋門、万里の長城、兵馬俑等世界の観光施設が公園内に再現されている、若一さんと黒木アナは最初に白鳥城を訪れて城内を見学していたがこの時はまだ城は無かった、小高い丘にドイツのノイシュバンシュタイン城をモチーフとした城が建つ予定と言われていた。
太陽公園はあまり知られていないが若一調査隊の放映で今後見学者が多く訪れることだろう。

時の流れは速いものでもうあれから10年経ってしまった、亡くなって3回忌を過ぎたが、母は少し足が悪かったが元気に歩いて見学していた、今になって思えば母親と泊りがけの旅行したのはあの時が最初で最後だった。

太陽公園

若一調査隊

塩田温泉

2018.07.19 Thursday

広島の豪雨被害で注目されるのが土石流、山塊の至るところで山崩れが発生し土石流となって麓の住宅を押し流した。
この地方の地質はまさ土、大変崩れやすい地質、土砂と一緒に巨大なコアストーンが物凄いスピードで襲って来る、これではたまったものではない。
今住んでいる家の建築中に見学に来た時、敷地にはまさ土が蒔かれていて、丁度梅雨時で酷い泥濘になっていたのを思い出す。
まさ土は泥濘になりやすく、乾くとカチンカチンに固まる、ブルドーザー無しではとても対処できない。
自分の近くの六甲山もまさ土地質なので同じような被害が心配される。

2018.07.17 Tuesday

豪雨の後に連日の炎熱地獄、去年までは感じなかったが今年の熱波は命の危険を感じた、昨日は朝からクーラーを点けるハメに、歳を取ることにより体力が衰えてきているせいなのか?
豪雨被災者のことを思えばとても贅沢は言えないのだが......

2018.07.13 Friday

今回の大雨被害は死者が毎日増え続けて既に200人に達した、大変な大災害だったことになる。
大災害に至った要因にバックビルディング現象とバックウォーター現象が挙げられる。
バックビルディング、積乱雲が風上で連続して発生し、風下では雨が激しく降り続ける現象。
バックウォーター、本流の高梁川に大量の水量が集まり支流の小田川の流れが妨げられ堤防を破壊した。
普段は聞きなれない言葉だが災害の度に新しい言葉を知ることになる。

2018.07.10 Tuesday

真備町の実家の父を救おうと車で駆け付けた息子、水はすでに一階に達していた、父親は水浸しの中でテレビ等の電化製品を2階に運ぼうと奮闘している最中で息子に手伝えと言う、息子は「そんなことをしている場合じゃない、早く避難しょう」、親父は「ここは平地より10mも高いので心配ない」と言い張り聞こうとしない、そうこうしている内に水位は徐々に上がってくる、やっと説き伏せて表に出た時は水は胸まで達していた。
水が引いた後に戻ってみると水は2階に達していて、せっかく2階に上げたテレビは水に遣っていた。
これは息子が撮った録画をテレビニュースで流したもので、親父は孝行息子に救われたことになる。
息子が駆け付けた時に親父は「丁度えー時に来た、早よーテゴーせー」と言った、忘れかけていた岡山弁を久しぶりに聞いた。
"テゴーせー"とは"手伝え"という意味、自分は子供の頃この言葉を親から嫌と言うほど聞かされた。

2018.07.08 Sunday

4日間振り続けた雨がやっと止んだ、それにしても今回の豪雨はとてつもなく酷かった、死者が全国で170人超、行方不明者多数、岡山倉敷市真備地区は小田川の堤防が決壊し2階まで増水した、人々は屋根に逃れヘリで救出された。
自分は20代のころ同じ倉敷市内(旧玉島市)で暮らしていたことがある、もう何十年も訪れていないが相当様変わりしたことだろう。
雨のせいで運動不足になり体重が2キロも増えた、犬の散歩は大雨だろうと行かなければならないがウンコしたらさっさと切り上げてしまい運動にもならない。

2018.07.06 Friday

もう3日も降り続けてそれも豪雨で、JRは朝から運休、国道176号線も通行止め、これでは足が全く無くなってしまう、通勤客はどうすれば良いのだろう、自分はサンデー毎日なので家でのんびりしているが現役の頃阪神大震災で通勤に難儀したことが思い出される。
街中はアスハルト舗装で泥濘は問題無いが、自分が子供の頃は田舎の国道は未舗装で泥濘で自転車に泥が挟まりやがて動かなくなって大変難儀した、やがて高校生になる頃舗装されて、一こぎすればスーッと進み、ずいぶん楽に運転出来て感激したのが思い出される。

2018.07.04 Wednesday

今日は眼科の通院日だが台風の影響で朝から激しい風雨、少し小止みになったのをめがけて8時7分発の便へ乗るためバス停に走った。
眼科には9時前に着いた、先客は一人のみ直ぐに呼ばれて診察、順調で問題ないとのこと、3ケ月後の予約をした。
この台風7号は珍しく北側の日本海を通過している、各地で被害が出ている、伸びた前線が北海道にかかり雨龍川が氾濫した。

Pagetop

Calendar

<< July 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

QR code