ぶろぐろじん

懐メロのこと、その他日常の出来事などつぶやきたい時に発信して行きたいと思います。
ブランコ
住宅地の中央公園に有るブランコ、昼間は小さい子供達が明るい声でブランコを漕いで遊んでいる、今朝犬の散歩中に久しぶりに座って揺らして見た。
ふと、映画「生きる」の名シーン、志村喬が夜の公園のブランコに乗り「ゴンドラの唄」を唄いながら寂しそうに揺られているシーンが浮かんだ、失恋した女が泣きながらブランコに乗る姿、思えば公園のブランコには昼と夜、表と裏の二つの顔がある。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
収穫
今年の春先、緑色に変色してもう食べられそうもないジャガイモを、3つの植木鉢に分けて植えた、順調に育っていたが最近葉っぱが「テントウムシダマシ」に食われて全滅状態、今年はダメかなと思いながら取り出して見ると結構立派なジャガイモが収穫出来た。
小さいのを皮をむいて切らずに肉じゃがにして食べた。

玉ねぎを切っている時に気が付いたのだが、今年は玉の真ん中の芯が枯れた状態で全体に小さい、知り合いの農家に聞くと、今年は何処もそうらしい。

auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
やっつけた
嫌われ者のWindows10自動更新、頼みもしないのに勝手に自動更新を実行し世間から不評を買っている。

タスクバーに常駐する「田の字」アイコン、こいつがGWXと言う悪さをするプロセスで、WindowsUpdateで何時の間にか入って来やがった、こいつを取り除けば良い事が判ったので早速やっつけてやった。
コントロールパネルのプログラムのアンインストールでKB3035583を削除すると、GWXがタスクバーに表示されなくなった。
但し再び入ってしまうらしい、まるでウイルスだ、どうも開発スタッフは気がふれてしまったようだ*1、これが独占企業のマイクロソフト社のやることか怒り

*1 ソフト開発を長年やっていると性格異常者になるらしい、それはコンピューターしか信頼するものが無くなり、普通の人間社会に対応できなくなる、こんな連中がWindows10自動更新に携わっている訳だから、ホント恐ろしい。


27日にまた入って来やがった、なるほどこりゃあウイルスだびっくり
入って来る時は色々な邪魔をします、突然システムがフリーズする(プログラム、IEが閉じられない等ゝ)、ほんと迷惑なんです。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
JAZZ
神戸ハーバーランドにNABL BIGBAND JAZZ FESTIVALを観に行って来た。
京阪神のアマチュアバンドが一堂に会して素晴らしい演奏を聴かせてくれた。
広島県、香川県と和歌山県を含めて15のバンドとスペシャルゲスト。
それにしても結構たくさんのアマチュアバンドが有るものだ、考えて見れば大学のジャズバンドを卒業すると結構な人数のアマチュアプレーヤーが世に出ることになる、彼らの中で演奏活動を続けたい人を受け入れる、それ相応のアマチュアバンドが有っても不思議ではない。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
まぼろし探偵
空家を整理することに決めたので帰省したついでに地元の不動産屋に来てもらった。
古家を解体するとなれば350万円近くかかるらしい、ここはどうしても古家付の土地価格で売るしかない、こうなって来ると資産を残されただけ迷惑。
築70年のボロ家、果たして片付くかどうか? 気長に待つしかないか。

家の中は大分片付いたが、今日は屋根裏部屋を重点的に片づけた、段ボール箱に教科書や雑誌が詰め込まれていて、開いて見たら結構な漫画が出て来た、おゝ懐かしや「まぼろし探偵」、小学生の頃「赤胴鈴之助」と並んで人気漫画だった、裏に兄の署名が有る、自分は全然見た記憶が無い、これはオークションにかければ値が付くかも知れない。
昭和32年「少年画報」付録 まぼろし探偵 桑田次郎
昭和33年「少年画報」付録 特ダネくん 東村 登
昭和33年「少年画報」付録 少年ターザンは行く 山田赤真麿 豊田稔
昭和32年「冒険王」 付録 怪力雷光 福田三郎
昭和32年「冒険王」 付録 黒胴くん 小松立美
昭和32年 ライオンくん 下山長平
昭和34年 「おもしろブック」付録 レッドマスク 横山光輝
痛快ブック12月号付録 隼平七捕り物帖 田中 久
いずれも年数経過の紙焼けは有るが割と綺麗な方。
値段が判るその道の方、目に留まった方、お知らせ頂けたら有り難い。

黒胴くん
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
月夜の面影
月夜の面影 久保田宵二作詞 大野寿一作曲 松平晃唄 昭和11年

この曲は松平晃以外の歌手が歌ったら駄目だろう、それほど彼の特徴が良くでた曲である、彼のヒット曲「利根の舟唄」「人妻椿」に劣らない出来栄え、残念ながらヒットにはならず世に出なかったけど自分としてはとても気に入っている、MIDIカラオケも作成して唄っている。
大野寿一と言う作曲家は戦前に6曲ほど見られるがヒット曲は無いようである、JASRACには無信託となっているが著作権者は誰だろう?
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
クリーニング
昨日は3ケ月に1回の歯のクリーニング、朝と昼念入りに磨いて行ったが38パーセントと低い数値。
それでもクリーニングしているお蔭か以前ひどかった歯肉炎にはならず、グラグラしていた奥歯も心なしか安定しているようだ。
この前薬局で8020乳酸菌入りのマウスウォッシュを見つけたので早速買った、いくら探しても置いている店は見つからなかったのでネットで購入したが、使い切った後なので丁度良かった。
80歳20本を維持できるよう歯は大切にしたい、老化と大いに関係あるんだって。

8020乳酸菌は広島大学二川教授が発見し歯周病菌を駆除する効果が有る。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
Windows10
Windows10 勝手にアップグレード される?!
どうも「Windows Update」を実行した時点で勝手にアップグレードするように設定されていたようです。(ホントえげつない事をする)
って言う訳で小生のパソコンもある日突然アップグレードが始まってしまった、「アップグレード中です電源を切らないでください。」とメッセージが出ていた状態で、コリャー大変だと電源を急いで切った。
次から電源を入れてもアップグレードは始まらなかったので安心、しかしプロセス内には「GWX」が常駐している、「GWX」はパソコンの右下に出ている「田の字」アイコン、これがアップグレード起動の本元、このプロセスは無償アップグレード期限の7月25日を過ぎてもそのまま常駐するのだろうか?、削除することは可能だがレジストリをいじらなくてはならず危険で初心者にはとても無理。
今回の件はマイクロソフト社もミスを認めているらしいが、謝罪のコメントも無し、慢心もここまで行ったか、ミスとは言いながら故意にやったようにしか思えない、おかしいで!この会社怒り
先日夕方のNHKのニュースでの視聴者からの投稿、Windows7からWindows10にアップグレードして暫くは動いていたが、ある日突然フリーズしてしまい販売店に依頼してWindows7戻してもらったとのこと。
Windows10はまだまだ安定しないようだ、賢いユーザーはけして急いでアツプグレードなんかしない。

auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
懐メロ
梅雨入りが発表された後は例年通り晴れの日が続く、こうなると気象庁は梅雨入りを取り消すのが何時ものこと、昨日、今日と真夏日の青天。
「懐メロを唄う会」なる案内をいただいたので行って来た、行ってみてこりゃあアカン、正しくは「懐メロをみんなで唄う会」だった、歌声喫茶の懐メロ版、独唱に馴れていたものに取っては全く面白くない。
おまけに真後ろの男(年寄り)がお喋りで、巷に良く居る始終口を動かしていなければ居られない人間、ナレーターが曲を紹介している間ブツブツ独り言を言い通し、曲が終わる度に「チャンチャン」って、耳障りで仕方なかった、この手の男は迷惑など気にもかけない、気が付かない。
曲目は戦前から昭和24年までのヒット曲、収穫は来場の女性が懐メロを唄えることが判った事、この年代は「ド演歌」しか唄わないと思っていたが、耳障りなこぶしを効かさず、昔の歌手のように素直に唄えることが判った。

auther : 夏目魯人 | - | comments(9) | trackbacks(0) |
上原げんと
作曲家上原げんとは今年没後50年、JASRACのホームページで彼の作品を見ると著作権が消滅していることが記されている。
当方のホームページ「懐かしの流行歌」で拙作のMIDIカラオケを公開している、何分にも上原げんとの作品は数が多いので一度には公開できないが、少しづつ公開して行こうと思っています。
中には世間一般では聴くことが出来ない珍しいカラオケも有るかも知れない。
公開しているのだからテープ等に録音して懐メロ会等で使用してもらう分には構いませんが、もし拙作のカラオケで唄われたのなら感想を報告いただけたら幸いに思います。
注意書きに書いている通り無断で他のサイト(個人のHP)に転載することはお止めください、現在許可しているサイトはございません、現実に当方のMIDIを自分の作品のように公開しているサイトが実在しています、一般人として良識が疑われます。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
木の根
どうも最近トイレが臭い、たまたま外の下水蓋を開けると、びっくり仰天、下水樋の継ぎ目を木の根っこがこじ開けて侵入し、大きい房状になり下水樋を直径の半分近くの太さで塞いでいた。
これが臭いの原因だったのか、切り取るとトバーと汚水が音を立てて流れた。
取り敢えず切り取りしたが又伸びるだろう、周りのセメントを壊して穴を掘り継ぎ目に入り込んでいる根っこを切り取ったが、どうしても全てを取り切れない、根っこを枯らすため塩を埋め込んでおいた。
植物の力は凄いもので並木の根っこが歩道のレンガを持ち上げて、おばあさんがつまずいて怪我をしたことが有った、市に連絡すると根っこを切り取り平らに戻してくれた。
イギリスではシーボルトが日本から持ち帰った「イタドリ」が繁殖して道路を壊しているらしい。
以前テレビで見たのだけれど「もやし」の上にオートバイを置いて、もやしが成長すると、なんとオートバイを高く持ち上げてしまった。

auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
梅雨入り
関西地方は今日から梅雨入りが発表された。
昨晩から降り続いて今朝もシトシトと降り続いて、雨の日は犬の散歩がおっくうになる、でも台風の時より風が無いだけまし、この雨も昼にはあがった。
今日は植物に水やりしなくても良さそう、夜降って朝止むパターンが一番。
鉢植えの山椒の木に実がなっていたのを今日収穫した、醤油で煮付けると格好の調味料になる。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
収穫
今年も色々野菜を植えた、サニーレタスは種から育てて現在毎日食卓にのぼる。
蔓無しいんげんは1回目の収穫が終わり味噌和えで食べた。
蔓いんげんも植えているがこちらも収穫中。
きゅうりは今までに2本収穫した、苗が150円したのでまだ元はとれていない。
トマトは中玉とフルーツトマトの4本植えたが実はまだ青い。
天気が続くと水やりが欠かせない、水が切れるとすぐふにゃと萎れてしまう、泊りがけの旅行なんてとてもできない、怖がりの犬がいるから元々出来ていないが。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
湯治
久しぶりに三田のスーパー銭湯「湯治聚落」に行って来た。
ここの外湯は人工的に炭酸を供給している高濃度炭酸泉、湯につかると身体に炭酸の気泡がまとわり付く、嘘か本当か糖尿病に良いらしい。
2つ有る内湯の小さい方の湯船の白い色はマイクロバブルで、毛穴に浸透して洗い出す効果、また血行促進に有効と言う事だ。
何時も行っている八多の「ぽかぽか温泉」に比べて入浴客が少ない、自分が入浴中に4人しか見かけなかった、大丈夫なの?、入浴客が少ない分広い湯船をひとり占めしたようで気分が良かった。

帰りに最近リニューアルされたイオンに寄って、昼食に丸亀製麺のざるうどんを食べた、夏は冷たいうどんが一番。

2階の衣料フロアで探していたラグビーユニフォームの半袖シャツを見つけた、5700円と少々高かったが買った、冬からずっとアチコチの店で探していたが、どこの店にも売って無かった、「五郎丸」人気であれほどラグビーが有名になり騒がれたのに、全く売っている店が無かったのは何故なんだろう、5年前にダイエーで長袖を買って気に入って今でも愛着している。

auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
カラオケ喫茶
今日懐メロが唄える噂のカラオケ喫茶に行って来た。
昼間だったので客は2人のみ、会計1850円で10曲唄った。
その客の一人のおばさん、例によって「ド演歌」ばかり、これだからカラオケ喫茶は嫌だったんだ。
70代、80代も殆どが「ド演歌」この辺の年代なら昭和30年代の流行歌も知っているはずなのに?、ワンパターンの「ド演歌」は聴きたくない、バッド 韓流フアンもこの歳に多いし、何時からこうなったんだ、不思議で堪らない。!?

この店のオーナーが親切な人で、CDを持ち込みしたら嫌がらずに架けてくれた、「国境を越えて」「霞む水郷」、初めて聴いたと言っていた。

パソコンのDAMカラオケの歌手名検索で気が付いたのだけど「立花ひろし」で「上州鴉」が出て来た、素人にやらせると、こんなとんでもない間違いがでてくるのだなー、DAMスタッフもチェックが甘いプロ意識無し、「瀬川伸」で検索すると「ありません」となる。
「片瀬波」井上由美子 なんなんだーコリャー、松山時夫ではないらしい、自慢ぶってまぎらわしい題名付けるな怒り
auther : 夏目魯人 | - | comments(2) | trackbacks(0) |