2016.06.01 Wednesday

今日懐メロが唄える噂のカラオケ喫茶に行って来た。
昼間だったので客は2人のみ、会計1850円で10曲唄った。
その客の一人のおばさん、例によって「ド演歌」ばかり、これだからカラオケ喫茶は嫌だったんだ。
70代、80代も殆どが「ド演歌」この辺の年代なら昭和30年代の流行歌も知っているはずなのに?、ワンパターンの「ド演歌」は聴きたくない、バッド 韓流フアンもこの歳に多いし、何時からこうなったんだ、不思議で堪らない。!?

この店のオーナーが親切な人で、CDを持ち込みしたら嫌がらずに架けてくれた、「国境を越えて」「霞む水郷」、初めて聴いたと言っていた。

パソコンのDAMカラオケの歌手名検索で気が付いたのだけど「立花ひろし」で「上州鴉」が出て来た、素人にやらせると、こんなとんでもない間違いがでてくるのだなー、DAMスタッフもチェックが甘いプロ意識無し、「瀬川伸」で検索すると「ありません」となる。
「片瀬波」井上由美子 なんなんだーコリャー、松山時夫ではないらしい、自慢ぶってまぎらわしい題名付けるな怒り

コメント一覧

  • 懐メロが唄えるカラオケ喫茶と云う店は、自分の知っている東京圏では聞いた事がないが、夜スナックになり昼は、1,500円前後(ソフトドリンクとお菓子付き)で通信カラオケで歌う店は沢山あります、持っている「DVD・CD・カセット」を使用出来る店はあまりありませんが、私の主宰している「新宿なつめろを楽しむ会」の会場に(夜のみの営業)会としてDVD他使用できる器械をおいて、マスターに利用する人がいればどうぞ!と話ししているがほとんどいないそうだ。通信カラオケで多いのはなつめろとしては「美空ひばり・三橋美智也・春日八郎・入れていいか石原裕次郎」のようで、自分の好きな「上原敏・楠木繁夫など5曲」岡晴夫・小畑実・田畑義夫はあるほうだ、きょうは月例会で通信カラオケのメニューをみていると美空ひばりのページで(男の友情・川は流れる)があり、カバーで歌ってはいるだろうが、やめてくれと言いたい。自分の会は割と持参カラオケが多いので嬉しいが、今日の収穫として、青葉の故郷慕えど・染千代の出島の月が唄われたのは良かった、自分は(泣くな坊やよ・湖畔の灯・花散る町・高原の悲歌・満州娘、これ樋口静雄)魯人さんおっしゃる通り、知らないのが、編集してるのかしら?おばあちゃんの原宿にとんでもない懐メロ曲のカラオケがある店がある、地蔵通りにあります。

    [熊さん] 2016/06/05 9:48 PM

  • 関西では神戸三の宮に有る「すず」が知られています、自分は昨年1度だけ行ったことが有ります、「超ナツメロ」と看板に表示している通り、「国境を越えて」など手作りの珍しい曲も有りますが、画像が相当ボケていて見づらい。
    確か1ドリンクで2000円だったような。

    すず http://hyogo.dokonet.co.jp/shop/2847359/

    [魯人] 2016/06/06 4:07 AM

コメントする





このエントリのトラックバックURL

http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/219137

トラックバック一覧

Pagetop

Calendar

<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

Archives

QR code