ぶろぐろじん

土俵の華(峰村孝夫)
古賀政男作曲の土俵の華(峰村孝夫)のメロディ部分が勘太郎いつ帰る(小畑実)とほとんど同じなことに気づいた、JASRACで調べて見ると作曲は松本圭司となっている。
勘太郎いつ帰るは1969年発売で、この時古賀政男はまだ存命中、松本圭司の変名を使ったのか?、しかし発売会社がビクターなのが気になる。
全くの他人で有れば盗作となるが......又はJASRAC側の取り違え(結構認識不足のスタッフが多い)
auther : 夏目魯人 | - | comments(4) | trackbacks(0) |
紅葉
街路樹のなんきんはぜが紅葉した、犬の散歩がてら写真に撮って来た。
このなんきんはぜは毎日のように大量の落ち葉をばらまく、毎日の掃除が大変、ところが全く気にしない家も有り、落ち葉が山と積もったまま、個人の性格次第。
昨日の豪雨から今日はやっと晴れ、関東地方は台風で被害に遭って片付け中にまた豪雨に見舞われた、水に浸かった車は廃棄処分だし、屋根が抜けた家はカビで住むことが難しい、踏んだり蹴ったり。
平地は水に浸かるし、山際は土砂崩れに遭うし、家を建てるのも中々難しい。

auther : 夏目魯人 | - | comments(3) | trackbacks(0) |
古民家ライブ
昨日古民家でウクレレライブが有ったので行って来た、ライブ会場には少々狭いがほぼ満員の観客が集まった。
この古民家はボイトレ教室の3年前の発表会場だった。
演奏者は「uklele swing trio」でハワインアンかと思いきやJAZZ、ウクレレとベース、カホンのトリオでコアロハのウクレレを巧みに演奏する。
ウクレレでもあんなに巧みにアドリブ演奏が出来るのだと感心した。

auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
フォルクローレ
今日、何時ものイオンのジムに行ってみると、広場でWAYKISと言うグループがフォルクローレを演奏していた、グループと言ってもイケメンの兄弟2人組、兄はギターとバスドラ担当、弟がチャランゴ、ケーナ、サンポーニャを取っかえひっかえして見事に演奏する。
彼らはペルー出身でWAYKISは現地語で兄弟を意味するとのこと、二人して来日しグループを立ち上げて6年になると言っていたが日本語はまだたどたどしい。
ベサメムーチョ、コーヒールンバ、コンドルは飛んで行く、花祭りなど馴染みの曲も演奏してくれた。

auther : 夏目魯人 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
ジャズライブ
今日はボイトレの先生のライブの日、と言っても朝の内は覚えていたのだが、新聞のテレビ番組で大学駅伝が有るのを見てすっかり忘れていて、隣の爺さんから「今日は出かけるんちゃうん?」と言われ「あ!そうだ」と気づいた時は14時丁度「もう始まっているやん」、車を飛ばして飛び込んだ時は1曲終わっていた。



auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
食事会
今日はボウリングの食事会でした、三田市の古民家大原邸でがんこフーズが料亭を開いている、今日の料理は釜飯に天ぷら、小鉢、後でボウリングゲームが有るのでアルコールは抜き。
大原邸は築100年以上の古民家で、鎌倉時代から辺りを領有していた豪族だったらしい、時代が巡って後に生まれた息子が宮本武蔵の養子になった宮本伊織で、小倉藩で筆頭家老をつとめたとのこと。
auther : 夏目魯人 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
新消費税
今日から消費税10パーセント、朝からジムに出かけたが別に何も買わなかった、昼食にムナールのカレーを食べたが料金は従来の700円のまゝ、マクドナルドも料金が変わってないみたいだし、食事の店は区切りの良い値段でなくてはならないためか、中々値上げは難しいみたいですね。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |