ぶろぐろじん

癒し
NHKの朝ドラで昭和の作曲家古関裕而が主人公のドラマが放送されています。
彼は歌謡曲でも多くのヒット曲を生みましたが、小生が子供の頃に田舎でラジオから流れていた、「昼の憩い」のテーマ曲が耳に焼き付いています、今聴いてもほのぼのとしたメロディに心が癒されます。
昭和30年代、その頃はまだ健在だった祖母が朝からラジオをつけて「昼の憩い」を毎日のように聴いていました、テーマ曲に乗って各地の農業通信員の便りが読み上げられます。

昼の憩い

古関裕而の曲について調べて見ると、昭和4年の「マドロス行進曲」から500曲余り収集していました、数多くのヒット曲の中から、小生の1押しは昭和11年の「吹雪峠」松平晃、前奏から歌に入る旋律が素晴らしい。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
遂に出た
本日0時をもって東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県に非常事態宣言が出された、外国で行われている都市封鎖よりは強制力が弱くあくまで要請、これでコロナ感染が防げるのか疑問。
多くの店が営業出来ず企業倒産が予想される、無利子の融資を受けられるようだが、返せる目途がたたないので躊躇される。

昨日ボウリング場から「4月中はお休みします」と連絡有った、スポーツジムは開いているようだが怖くて行けない、料金は只払いになるが仕方が無い、運動不足が心配。
auther : 夏目魯人 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
花の道
本日は通院日で花の道の眼科へ行って来た、花の道は桜が満開、去年の4月に花の道の桜をブログに載せたことが思い出される。
その頃工事が始まっていた宝塚ホテルは既に完成していた、旧宝塚ホテルはまだ残っているがいずれ取り壊されるのだろう、ホールでウクレレパーティをした時のことが思い出される。

auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
花見
昨年三田市のパスカルで買い物をした後で、近くの武庫川堤で花見弁当を開いた。
今年も又1年振りに同じく花見をした、去年買った弁当は売り切れていたので代わりに巻き寿司を買った。
コロナ自粛で人出は少ないと思いきや、結構な人数が散策していた、桜は昨年の時は少し早かったが今年は丁度満開。

auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コロナ疎開
戦時中は都会の子供がこぞって田舎に疎開した。
長野県ではコロナ脅威で別荘に疎開した家族がスーパーへ買い出しに押し寄せた。
感染者0の石垣島に、多くの観光客が押し寄せ脅威になっている、石垣市長は「狭い島なので感染が蔓延したら逃げ場が無い」と嘆き節。
安倍首相は非常事態宣言に躊躇している、全世界のコロナ感染は既に100万人に達した。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
廃線
一年振りの廃線ハイク。
コロナウイルスのおかげで、3月はジムにも行けず運動不足、とうとう運動せずにひと月過ごしてしまった。
血糖値上昇を考えたら、こうしちゃあおれん、丁度桜も満開だし久しぶりに廃線を歩いてきた、昨日は大雨で今日は曇りのうすら寒い、行き交うハイカーもまばら、途中で足の付け根が痛くなったが、16000歩稼いだ、少しは運動の足しになったか。



auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
今年の桜
コロナに負けずに庭の桜が咲いた。
東京ではパンデミックで花見が禁止で上野公園に入場すら出来ない。
今日も東京は60人を超える感染者が発生した、小池知事いよいよ都市閉鎖か。


auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
ノー天気
東京がコロナ感染爆発寸前で、知事が自粛を求めても、渋谷の混雑は全然変わっていないし、あろうことか騒いでゴミを撒き散らす、日本人のノー天気さ、ヨーロッパを見ればどんなに危険な状態と気づくはずなのに。
日本地図が感染県に塗りつぶされ、昨日鹿児島県もとうとう塗りつぶされた、残るは鳥取県、島根県、岩手県、山形県、富山県の5県のみ、いずれ赤色に変わるだろう。

今一番心配している事、夫婦二人の生活で一人が感染すれば必ず相手に感染する、二人とも相当長期間の入院になるはず、そうなると飼い犬はどうなるのだろう、香港では犬に感染した事実がある、犬の隔離施設は有るのだろうか?
auther : 夏目魯人 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
星のブランコ
娘夫婦の招待で星のブランコ(交野釣橋)に行って来た。
コロナウイルスの蔓延状態で家に閉じこもっていたが、運動不足で病気の悪化が心配される、丁度良い気晴らしになる。
駐車場がいっぱいになるのが心配されたが結構すいていた、管理センターまでは木道が整備されていて歩きやすい、そこからは急な坂道をあえぎながら登って目的地に着いた。
結構大規模な釣橋で、歩いていても大きな揺れは感じられず案外歩きやすい、若い頃十津川の谷瀬の吊り橋を渡った事があったが、真ん中の木道の両脇は下が見える状態で、揺れが大きく熊野川に落ちそうで怖かったが、星のブランコは幅いっぱいに木道が敷かれていて揺れも少ない。

auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
無意味
今朝能登半島で地震発生。
気象庁は地震の度に記者会見するが、毎回同じ内容のペーパーを読み上げている、しかたなしにやっているようで無意味。

auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |