ぶろぐろじん

懐メロのこと、その他日常の出来事などつぶやきたい時に発信して行きたいと思います。
丸山
嫁をフラ教室に送って行った帰り、ローソンでおにぎりとお茶を買って車を停車したまま、すぐ近くの丸山に犬と一緒に2年ぶりに登った、この丸山は標高375mと低い山だが、稲荷神社側からは新道が出来ていて直登に近いきつさがある、頂上に「奥宮」が有り中世室町時代、多田源氏の一族「山口五郎左衛門時角」が、当地に城を構え、その鎮守として祀られたのがはじめと言われている。
頂上で男性2人と親娘に出会った、毎日運動の為に登っている人がいるのだろう。
今日は曇りと予報されていたがよく晴れて初夏の陽気、この地方の桜はまだ満開とはいかず5部咲き、この先ずっと曇り雨の予報なので今日花見しなくてはしないまま終わりそう。




auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
高野山
昨日は義弟の一周忌法要で高野山の西禅院に行って来た、去年の骨納めの時には行けなかったので今回が初めての高野山、と言うか30代の頃、竜神スカイラインを走った時は素通りしてしまっていた。
法要が終わって直ぐ近くの壇上伽藍、金剛峯寺と見学し2キロ先の奥の院まで歩いた、奥の院にはおそらく全国のすべての大名の墓が有り、故郷の津山藩初代、森家の墓所を見つけた、岡山の池田家の墓と隣同士に在った、現代では大名に代わり大企業の墓所がたくさん作られている。
高野山は1000米の山上にありながら郵便局も消防署も小学校も有り、まるで都市のよう。

auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
着替え
今日は随分冷えた、朝の犬の散歩中に雪が降って来た、ダウンジャケットはしまってしまったので薄いジャンバーで出かけたが、積りはしなかったが震える寒さだった。
もっと早くと思いつつタイヤを夏用に履き替えのため午後からディーラーに行く予定、冬用タイヤは結構燃費を食う。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
開花
一昨日は五月並の暖かさであったが昨日は一変寒波になった、こんな時にニュースで上野の桜の開花宣言がされた、気の早い連中は震えながら花見の場所取りをしている光景が映し出された。
去年帰省した時、美作市の菜さぃ茶屋で珍しい桜草を買って箱庭に植えていたら今年は開花してくれた、花が丸く咲くその名も玉咲桜草。

auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
天気予報では今日は四月下旬の暖かさになると言っていたが本当に暖かかった。
ただ朝早い内は霧が立ち込めて太陽も隠れてしまうくらい、曇りなのか天気なのか判らないくらい。
ふと「ただ一面に立ちこめた 牧場の朝の霧の海」のメロディが浮かんで来た、この「牧場の朝」は小学生の頃音楽の時間によく歌った。
子供の頃朝早く親に連れられて牛の餌を山のふもとの原野に取りに行った時、一面霧で覆われていた光景がよみがえって来る。
この霧に包まれると言う状態は何とも言えない不思議な気分だった。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
付箋
テレビのニュースを見ていると何時ものことながら本当に腹立たしいことがある。
ニュース解説で新聞をボードに貼って所々付箋で隠されたものを剥がしながら解説している、これって何の意味が有るのだろう、単にゴミを作るだけのこと、民放テレビは揃って右に倣えだが、さすがNHKではこんなことはやらない。
テレビは公共のものだから率先して環境に配慮しなくてはならないと思うのだが経営側の人材に良識のある人がいないのだろう。
このやり方は何時から始まったのだろう、ずっと以前には無かったような気がする。

auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
ヨーデル
ヨーデルと言えばウィーリー沖山、灰田勝彦も「アルプスの娘」で達者なヨーデルを聴かせてくれる、少し新しい所では大野義夫、彼はハワイアンから始まってカントリーではバンジョーの名手だが灰田勝彦に影響されてヨーデルを覚えたと言っている。
ヨーデルは「レイホー」とか「ヨロヨロヨロヨロ」と1オクターブ上げ下げして歌うことだがこれがどうして簡単に出来るものではない。
でも世間は広いもので素人でもヨーデルをこなす人が結構いるようだ。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
弥生の雪
3月に入ってお水取りも終わって随分暖かくなったな、と思っていたら昨日今日と寒波で西宮も雪になった、北の方では猛吹雪で大変らしい。
今日は放射線治療のため2ケ月間遠ざかっていたが池田病院へ行って来た、この2ケ月間は心労の為かA1Cの値が0.1上がってしまった。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
太閤の湯
お隣から有馬温泉の太閤の湯の優待券を頂いたので今日さっそく出かけてみた、随分前になるが「有馬ヘルスセンター」と言われていた頃に一度行ったことがある、その時はくりからもんの刺青の極道が入っていて嫌な思ひをしたことがあった。
昭和40年代が人気のピークでその後、施設の老朽化から客が減り大規模なリニューアルで「太閤の湯」として2005年にオープンした。
大浴場は昔の面影が残っていたが、真ん中に黄金の蒸し風呂が設置されているのが変わったところか。
風呂上がりに大広間の食堂で「黒毛和牛の牛丼」1250円也を注文したが肉の量が少ない、1/3の値段の吉野家の方が断然うまい。
館内のあちこちで中国語が聞こえた、爆買いした後の休養か、ここにもたくさん来ているようだ、あちこちに座り込みマナーが悪い。

auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
終わった
1月21日から始まった治療が今日でやっと終わった、土日は休みだったが平日は毎日大阪の病院まで通ったが随分長く感じた。
これから先一生この病と付き合って行かなければならないと思うと気が重くなる、でも今考えると早期発見で軽い内に見つかって良かったと思わなくてはならないのかも。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
塚越さんの
先日亡くなられた塚越さんが生前に電話してこられ「現在身辺整理している」とのことで音源などは貰ってくれる人に譲ったが、楽譜は「そんなものはいらない」と言って誰も貰ってくれるものがいない、貴方しか思いつかないのでぜひ貰って欲しいと言われ、後日段ボール箱数箱が届きました、収集された膨大な楽譜は貴重な手書きの物も多く有り、この楽譜をパソコンに打ち込んでMIDIを作られたものと思うと感慨無量です。
また折角苦労して立ち上げたページが閉じられてしまうのは忍びないと言っておられました、「戦前歌謡大全」は戦前流行歌一覧として当方のホームページで公開して行きますので間違いが見つかればお知らせください、それと「音盤芸術家名簿」も懐メロ愛好家にとっては便利なものであるので合わせて公開管理して行きます。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
例会
今日は関西ナツメロクラブの159回例会でした。
今回は病気などで欠席者が多く32名が出席しました、メンバーは高齢者が多く無理もないことですが、少ないとやはり寂しいものです、特に創設期の重鎮が休まれていたのは気にかかる。

私は北廉太郎の「男の行く道」「佐渡の故郷」の2曲を歌いました。
auther : 夏目魯人 | - | comments(5) | trackbacks(0) |