2015.08.31 Monday

「すごーい すごーい すごーい」これは最近の若い女性の間で良く耳にする言葉であるが、これが原因かどうか、テレビのニュース番組で一般女性へのインタビューで「今の気分は?」との質問にたいして「すごい嬉しい」と形容詞が重なった変な文型で答えるのがほとんど、テレビのテロップも以前は「すごく嬉しい」と訂正して流していたが、最近のテロップはそのまま、もう諦めてしまったのかテレビ会社の担当者自体がそうなので無関心なのか。
他にも変な言葉はたくさんある、それにしても耳にするたび気になってしょうがない。

2015.08.29 Saturday

おそらく10年ぶりくらいだろうか、篠山市の今田温泉に行って来た、開業して間もない頃、家族全員で行って大変な混雑だったのを思い出す、今回は人もまばらでゆったり入ることが出来た。
帰りに近所の人から評判を聞いていたレストラン「そら」に寄ったが駐車場は満杯、料理も予約でいっぱいとのこと、口コミとは恐ろしいもの、ほとんどが女子会の連中だった。
代わりに20年前に一度来たことが有る新三田駅裏の「大正庵」に寄ってカレーうどんを食べた、カレーうどんは当たり外れが多い、カレーライスのカレーをうどんにかけたものが多くガッカリした経験が多い、塚口の「やぶ庵」と、ここ「大正庵」のは同じ作り方で抜群に上手い。


2015.08.27 Thursday

花の雨 S23 佐伯孝夫作詞 須磨洋作作曲 平野愛子、貴島正一唄

この曲を作曲した須磨洋作は陸軍軍人であり、あの「起床」「点呼」など数々の「ラッパ譜」を作った人のようだ。
戦前には「勇む銀輪」「戦陣訓の歌」別名七海富夫で「肉弾六勇士」「誉れの肉弾機」築地洋で「紅い夕陽を背にうけて」などの軍歌を作曲している、そして戦後のこの「花の雨」だが流行歌としてはこの1曲しか見当たらない、戦後は陸上自衛隊に所属し数多くの曲を残している。

今日眠れぬままラジオのスイッチを入れるとNHKラジオ深夜便で舟木一夫の「初恋」と言う曲が流れていた、ふと何かの曲に似ている、暫く口ずさんでみて、やっと「花の雨」と気が付いた、作曲の若松甲は須磨洋作とは年代が違うので全くの別人で現在も健在の作曲家、少しいじくっているが、それにしても、出だしの「恋に破れて流されて」のあたりはよく似ている、今話題の東京オリンピックエンブレムと同じくたまたま似てしまったと言えばそれまでだが。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~ko-w/

知っていない人に念のため、貴島正一は作曲家渡久地正信の歌手時代の名前。

2015.08.23 Sunday

日本の空家は戦後最大で1000万戸近くあるそうだ、しかも今後どんどん増え続けるらしい、テレビで取り上げられている空家は無残に朽ち果てて見る影もない、ああなる前になんとかしなくては。
去年亡くなった義弟の家を不動産屋に仲介してもらうため、昨日家を見てもらった、家は人が住まなくなると随分早く腐って行く、去年一年通気のため時々窓を開けに行っていたが、しんどくなった。
当初は気が付かなかったが不動産屋に見て貰ったら天井にシミが見つかった、雨漏りか、どうも色々手を入れなくてはならないようだ。
築年数が20年過ぎているのでとちらにしても建物の価値はないようだ、駅から5分と近いのが救い。
田舎の家も現在空家状態で妹が時々見に行ってくれているが、誰も住まないので身体が動ける内に処分しなくてはならないだろう。

2015.08.16 Sunday

男召されて S14 戸張もりを作詞 益田三郎作曲 田端義夫唄

8月15日は終戦記念日、テレビを付けると終戦を題材にした番組ばかり、某局の「そこまで言って委員会」を見ていると「便衣兵」と言う言葉が耳についた、ハテ何かの曲の中に有ったナー、こんな時はデータベースを作っているから便利、歌詞の部分検索をかけると一発で出て来た、「男召されて」の2番に「こしゃくな奴だよ便衣隊」とある、便衣隊とはなんのことと気にかけてはいたが強いて調べていなかったので番組の中で初めて判った、便衣兵=民間人を装った兵士=ゲリラ。
「男召されて」は田端義夫のデビュー曲「島の船唄」の翌月に発売された、若干20歳この頃の声は後の声とは随分違っていて、初めて聴いた時は些かびっくりした、知らない人が聴いたら田端義夫ではないと言うだろう。
幸運にもデビュー曲がヒットして昭和17までは毎月のように新曲が発売された。
作曲した益田三郎はどんな人物だろうか?何処を探してもこの曲以外に見当たらない、こう言った場合は素人作曲家の懸賞当選曲などに多いがご遺族の方以外知る由もない。

2015.08.15 Saturday

侍ニッポン S6 西条八十作詞 松平信博作曲 徳山 臼粥

この曲は昭和6年封切りの日活映画「侍ニッポン」の主題歌で大河内傳次郎が主演した。
作曲した松平信博の出自は松平郷松平家二十代目の当主と言うことで、世が世であればれっきとしたお殿様である、彼は東京音楽学校に進み音楽家の道を目指す、やがてビクター専属作曲家となり「侍ニッポン」をはじめに別名の林 純平と合わせると生涯200曲余りを作曲した、昭和24年、享年57歳で死去している。

2015.08.10 Monday

今朝のニュースでは今日で連続11日の猛暑だって、今日も朝8時には部屋の温度が30度、7時はまだ涼しいだろうと、犬の散歩に出たが帰ってきたらシャツがビショビショ。
クーラーの故障を猛暑前に治しておいて良かった、8月に故障したなら確実に熱中症になっていただろう。
この暑さでかどうか2匹いた金魚が1匹死んでいた、仲が良かったので、今は寂しく1匹で泳いでいる。

2015.08.08 Saturday

思い出月夜 S24 西条八十作詞 古賀政男作曲 霧島 昇唄

古賀政男はこの思い出月夜を自信を持って世に出したが残念ながらヒットしなかった、そこで昭和27年に「ギター月夜」と改題して同じ霧島昇で発売するとたちまちヒットした。
歌詞も変えているがギターの前奏から始まる演奏は全く同じ、異名同曲であることはずっと以前から知っていたが、思い出月夜の音源が中々手に入らず、この度やっと入手した。
古賀政男は自分の作曲した歌がヒットしなかった時はたいへん残念がって、焼直して発売することを度々やって、幾つかの曲は成功してヒットさせている。

S13 黄河の月(三根耕一) →  S30 名月佐太郎笠(高田浩吉)
S11 櫛巻きくずし(美ち奴)→  S30 怒涛の男(美空ひばり)
S 7 高原の唄(中野忠晴) →  S30 りんどう峠(島倉千代子)

2015.08.03 Monday

料理番組でもないのに、ニュースワイド番組で、やたらと食いまくっている、中には毎日、料理コーナーまで持っている番組すらある、こちらは見ているだけなのに、中で「うまーい」なんてやられても視聴者は少しも楽しく無い、以前はレポーターが「とろけるー」と言ってひんしゅくをかっていたが、これは食のレポートも有るだろうから許せるか、ニュースワイド番組ではチョット口をつけるだけなので後で捨てるのだろう、勿体無い。

2015.08.01 Saturday

パソコンの電源を入れて暫く待っても画面は黒のまま、カーソルのみが動く状態、電源入れなおしても同じ、東芝のサポートセンターに電話して指示通りにすると回復した。
この点、東芝はいいよねー、直ぐ対応してくれる、以前の機種(DELL)は中々つながらずやっと繋がったと思ったら担当が横柄、「保証期間が切れているから有料相談に電話を回す」と脅しをかける、腹がたったから電話を切った、営業部門とサポート部門では喋り方が全くちがう。
料金が安いパソコンを買うもの考え物、少々高くともサポートが親切なのが一番。

Pagetop

Calendar

<< August 2015 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Recent Entries

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

QR code