2016.02.20 Saturday

西宮市の山口町郷土資料館に行って来た、以前から行きたいと思いながら、今日になってしまったが、やっと訪問することが出来た。
自分は村の歴史と言うものに特に興味が有り、近くの村の成り立ちなど、各地の資料館を訪ねて来た。
山口町郷土資料館は此処だとある程度検討を付けていたのだが、着いた処は一般財団法人山口町徳風会となっている、ハテ違うのかなと思いつつ受付に向かうと郷土資料館の看板が有り徳風会に併設されているようだ、因みに徳風会とは旧山口村の森林組合が前身となっている団体で財産区のようなものらしい。
受付で訪問の記入をして、地下の展示室へ入る、写真や道具、竹細工など展示物がたくさん並べてある。
昔の絵図のようなものが掲げてあり、それによると宝塚から続く京伏見街道は生瀬に出て武庫川に突き当たる、川には橋が無く現在の生瀬大橋のあたりと木之本地蔵のあたりに渡船場があり渡し舟で渡っていたようだ。
現在、有馬温泉で生産されている名物の竹細工は元々山口村の産業でしたがプラスチック製品に押されて成り立たなくなり、有馬温泉の地に移されたらしい。
昔の農機具もたくさん展示されていて自分が子供の頃見慣れた道具が懐かしい。
そう言えば自分の生家に有った唐箕や足踏み脱穀機、発動機など昔の道具は見当たらないがどうしたのだろう。

Pagetop

Calendar

<< February 2016 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829     

Recent Entries

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

Archives

QR code