2015.10.21 Wednesday

今日は多武峰の談山神社に行って来た、初めて知ったのだがこの神社は藤原鎌足を祭ったお宮らしい。
毎年のように紅葉の季節になると蹴鞠の会が催されるのでテレビでこの神社が紹介される、その時に映された参道には土産物屋が並び賑やかそうだったが実際見て見ると2軒だけで、ひっそりしたものであった。
着いたのが食事時だったので土産物屋でうどんを食うか迷って、結局多武峰ホテルで1200円のカレーライスを食べた、広い食堂に客は我々夫婦2人のみ。
神社の拝殿は中が見学でき、教科書で見る中大兄皇子と藤原鎌足が蘇我入鹿を打ち取る場面の絵巻(江戸期の模写されたもの)が展示されていた。
また藤原鎌足とは全く関係ない唯一の展示物が幕末の吉村寅太郎率いる天誅組の一員、土佐藩士楠目清馬の付けていた鎖網頭巾が展示されている、楠目清馬は十津川を逃れて多武峰に隠れたが倉橋に来た時、発見され自刃したと言う、そしてこの地に墓が建てられている。

拝殿の下にある恋神社は鎌足の妻である鏡王女が祭られ、「むすびの岩座」をなでると恋が成就するとのこと。

参拝の最後に神社の裏山で中大兄皇子と藤原鎌足が蘇我入鹿を打ち取る相談をしたと言う談い山(かたらいやま)と藤原鎌足の墓所の御破裂山に登った、20分となっていたが山の頂上まで結構きつい山登りをした。

武峰ホテルより十三重の塔を望む


拝殿の軒廊下吊り灯篭

Pagetop

Calendar

<< October 2015 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Recent Entries

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

Archives

QR code