ぶろぐろじん

嫌だね
左の額の少し下のあたりに1年前あたりから疣ができて、それ以前にも右眉の所に出来て、それは自然に消えたので何時か消えるだろうと放っておいたが段々大きくなるような気がして、先日も散髪の時バリカンを引っかけはしまいかと気が気ではなかった。
で今日思い切って皮膚科を受診した、診断は「老人性ゆうせい」すなわち「老人疣」のことで、「良性だからほっておいても良い」と言われたが、散髪の時困るので治療してもらった、治療は液体窒素をあてて脱落させる方法で結構痛かったが耐えられない程でもない、あとが腫れるそうなのでしばらく時間がかかりそう。
嫌だねー、老人疣だってよく見ればあちこち変色が有り、これ全て疣の子供だって、つくづく老いを実感して来た。
auther : 夏目魯人 | - | comments(6) | trackbacks(0) |