2012.12.20 Thursday

昨日テレビを見ていたら屯鶴峰を紹介していた、懐かしさで思わず見入ってしまった、独身時代に近くに住んでいて時たま散歩中に踏み入ったことがある。
屯鶴峰は奈良県の二上山に有り、昔この山が噴火して火山灰が降り積もりやがて凝固して凝灰岩となり岩肌がむき出た奇勝地が出来上がった。
この番組は若一さんがレポートしていたのだが、やがて地元の研究家の案内で屯鶴峰の中にある、戦争末期に本土決戦のための総司令部の跡をおとずれた、案内無しではたどり着けないような場所に、その横穴が存在しています、総勢700人あまりの人が手掘りで3月たらずで掘りあげたと言うことです、戦争が早めに終結したため使用されず今日に至っている。

Pagetop

Calendar

<< December 2012 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Recent Entries

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

QR code