2012.09.28 Friday

古賀政男

古賀政男黄金時代の集大成SP盤復刻
古賀政男のテイチク時代の曲を復刻したCDです。
CD6枚組132曲入りこの商品を7年前に購入しました。
欲しかったのは櫛巻くずし(美ち奴)の1曲だけマニアには良くあることです。
ノイズはそんなに無く音はたいてい綺麗です、この頃はノイズカット技術も進んでいますからね。
古賀政男は昭和9年5月にテイチク入社しました、ニットーの黒田進をスカウトし楠木繁夫で第1作「国境を越えて」でデビューしましたがこの曲は残念ながらヒットせず古賀政男をイライラさせました、翌年の「白い椿の唄」がヒットすると立て続けに「ハイキングの唄」「緑の地平線」がヒットしました。
「国境を越えて」は最初のCD1の先頭に入っています、古賀政男はこの曲によほど自信があったのにヒットしなかったのが悔しく「護れ国境」と改題し再発売しましたがこれもヒットにはなりませんでした。
私は「国境を越えて」は好きで関西ナツメロクラブで最初に歌った曲でした。

| top |

Page Top

Calender

<< September 2012 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

Recent Entries

Recent Comment

Archives

QR Code