ぶろぐろじん

<< オーバーツーリズム | main | なんなんだ >>

藤棚の柱
ここに来る前、尼崎のマンションの1階に住んでいた、向かいの公園のクスノキの種が庭に根づいていたのを、今の住宅地に新築した時に植えたら、見る見る成長して直径15センチくらいになったので、大木になったらこりゃあヤバイと10年前に伐採して、藤棚の柱にしていた。
その柱が腐ってしまったので、ケヤキを伐採して立て直した、このケヤキも田舎の祖父が植木鉢で育てていたのもで、祖父が亡くなってから植木に全く興味のない親父が庭の片隅に放り投げていたのを、自宅を現在の場所に新築した時に植えたのも、このケヤキも競争相手も何もない庭に植えたので直ぐに成長した、これで後10年は持つだろう。

auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/226686
トラックバック