ぶろぐろじん

<< 東京五輪音頭 | main | リンゴの木の下で >>

白虎隊の歌
今年の2月25日にレコード番号について書きましたが、その中にSPR1541「白虎隊の歌」佐藤寅之助唄があり、この人は宮城県警察本部刑事部長の肩書きがあり、なぜこのレコードが作製されたか不思議に思っていた。
この時点で音源の持ち合わせがないので、どんなものか不明であったがYutubeに投稿されているのを見つけ聴いてみると古賀政男の戦前の曲「白虎隊」をアカペラで歌っているだけのレコードでした、歌声も素人の域をでず一般人が買うとはとても思えない出来栄え。
PR盤にSが付いているには何か意味があるように思えるがコロムビアには他に数曲あるが地方盤らしくもありよく判らない、ただ資料の全てが古賀政男の曲である。
自分なりに推察すると周りの人の推挙か本人がコロムビアに大枚払って自主制作依頼で吹込みしたのではないだろうか、佐藤寅之助は詩吟をたしなんでいると思われるが、その詩吟がどの程度なのかは素人の私には判らない、近所に詩吟教室があるので今度機会があれば聴いてもらってみよう。
auther : 夏目魯人 | - | comments(7) | trackbacks(0) |
コメント
地元で何か手がかりはないかと探しています。
1970〜80年代にかけて「宮城県警察史」(全3巻?)が宮城県警から刊行されたそうなので、記事が載ってないかと思い、県内の図書館蔵書を検索しましたが見当たらず、古書のネットでも見つかりません。
県警の広報広聴課に電話で問い合わせたところ、過去の事件に関する個人名が載っているので、平成19年度に各図書館から取り除けてもらい、一般公開もしていないとのことです。
係の人が通読したところでは、たとえば名物刑事部長がいたといったエピソード的なものは載っていないそうです。
コロムビアの仙台支社も閉じたようですし、以前鶴田六郎、高倉敏について電話で聞いた時、一応社内(室内?)の人たちに聞いた後、「誰も名前を知ってる人がいない」と答えたくらいなので、もともt期待できません。(私の同級生のご両親がレコード店を開いていて、お二人は「鶴田六郎は『港の恋唄』が一番のヒット曲、高倉敏はあきれたボーイズにいた人」と覚えていましたが、もう故人となりました。)
お役に立たないご返事で申し訳ありません。
これからも何とかさぐってみます。
取りあえず中間報告まで。
| ガタビシ | 2013/09/13 6:36 PM |
お手数かけます。
「白虎隊の歌」は下記で聴くことができます。
https://www.youtube.com/watch?v=5VV8NF9neIo
| 魯人 | 2013/09/13 7:08 PM |
佐藤寅之助氏の経歴が下記資料の17ページに載っていました。
http://www.pref.miyagi.jp/uploaded/atta

丸森町(福島県との県境に位置しています)の町長を2期、県議会議員を昭和50年から2期つとめるなど、戦後活躍された方のようで、このレコードも戦後に吹き込まれたものと思われます。
| ガタビシ | 2013/09/13 11:48 PM |
何度もお騒がせします。
上記のアドレスからはつながらないようなので、「平成24年度大河原教育事務所管内の偉人」で検索して下さい。
| ガタビシ | 2013/09/13 11:59 PM |
平成24年度大河原教育事務所管内の偉人」を見ました。
「宮城県警刑事部長等を歴任した後、昭和38年丸森町長となる」と有ります。
昭和35年の吹き込み時は資料の通り宮城県警刑事部長の肩書きです、レコードのことは何もふれられていません、やはり自主制作だったのでしょうか?
| 魯人 | 2013/09/14 4:32 AM |
初めまして。
youtubeに投稿した本人です。
不明な事項に管理者様・HNガタピシ様でお調べいただいたようで、感謝申し上げます。

管理者様の「〜コロムビアに大枚払って自主制作依頼で吹込みしたのではないだろうか〜」とのご推察には私も同感です。
宮城県人とはいえ、福島県の警察勤務経験もあったようなので、会津の故事に共感するところがあっての旦那芸レコーディングだったのかもしれませんね。
| konidolfine | 2013/12/28 9:34 PM |
旦那芸レコーディングとは言い得て妙ですね
| 魯人 | 2013/12/29 6:02 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/205852
トラックバック