2013.05.28 Tuesday

5月27日は教科書で一度は見た事がある「墾田永年私財法」が発布された日(天平15年5月27日)です。
自分で新しく開墾した耕地の永年私財化を認める法令。
それまで墾田は、孫までの3代の間に私財化が認められていましたが、それでは3代後に国に返さなければならないことが見えており、農民の墾田意欲を増大させるには至りませんでした。
それを踏まえ米の生産を増やすため、この「墾田永年私財法」をもって永年にわたり私財とすることを可能としました。(Wikipediaより)

恥ずかしながら自分は知りませんでした、見ていても気ずかなかったか、忘れてしまったか....
この法律は何時まで続いたのでしょうか、江戸時代は「隠し田」と言ってこっそり米を作って食い扶持を増やしていた田んぼがありましたが、これはそもそも申告していないのだから違うでしょうね。
現在はせっかくご先祖から受け継いだ田畑も耕作放棄として荒れ野に変わり果てる田畑が日本全国でたくさん有ります。

コメント一覧

コメントする





このエントリのトラックバックURL

http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/204132

トラックバック一覧

Pagetop

Calendar

<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

Archives

QR code