2017.05.25 Thursday

青い小径 S12 灰田勝彦 永田哲夫作詞 Johnny Noble、Al jacobs作曲

径を辞書で調べると「けい」直径、半径が表す長さの意味になる、また訓読みで「みち」となっている、これは車の通れない細い道路のこと。
通常は「道、路」が普通だが、流行歌の世界では「径」と言う字が当てられている曲がたくさん使用されている、細い道の場合「小路」でも良さそうだが「小径」の方が見た目格好良く感じるのか、昭和5年に「ジャズの小径」加藤まさを作詞が出ているのが最初か?
灰田勝彦は後の「森の小径」「鈴懸の径」にもこの字を当てている。

原題は1935年のハワイアン「In The Royal Hawaiian Hotel」勿論英語の歌詞が有る、フラダンスで馴染みの「Royal Hawaiian Hotel」とはメロディが違います。
元歌が発表された同じ年に「青い小径」が出ていると言う事は、さすがにハワイ生まれの灰田勝彦はハワイの音楽事情に精通していたようだ、戦前、戦中派のハワイアンフアンには良く知られた懐かしい曲のようです。
自分もこの曲を採譜して楽譜を作ったので、何時かボランティアで歌ってみようと練習している。

「青い小径」のメロディに「In The Royal Hawaiian Hotel」の英語の歌詞を割り当てるのはとても難しい、音源が有れば英語の歌詞で練習できるのだが。

Pagetop

Calendar

<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

Recent Entries

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

Archives

QR code