2017.05.14 Sunday

今日のニュースで長崎県西海市にある音浴博物館と言う施設を取り上げていたが、その場所がガソリンを満タンにしておかなくてはならないほと随分山奥の不便なところなのに、ネットで評判になりわんさか見学者が押しかけているらしい、中には旅行会社の観光バスを仕立てて来るのも有るそうだ、所蔵されているレコードは自由に聴くことが出来るとのこと。
音浴博物館
試しにどんな懐メロが所蔵されているのか検索してみた。
小野 巡は2曲「祖国の護り」「守備兵ぶし」
井田照夫は2曲「利根の船頭唄」「浪花節と兵隊」
筑波 高は1曲「お軽勘平」
レコードはシングル盤ではなく再販LPの「オリジナル原盤による不滅の歌謡名曲全集 .縫奪函次▲織ぅ悒な圈
田端義夫、上原敏、東海林太郎などは曲数が多いが、殆どが全集LPなどの再販版。
とても我々には興味に乏しい施設、これなら東京の昭和館、北海道のレ・コード館、金沢蓄音器館の方が随分まし。

どうして音浴博物館がブレークしたのか、ネットの力は本当に凄い、来訪者も口々に癒されましたと満足していた。

来訪者のおっちゃんが言っていた、「自分らの世代はビートルズだ」、おっちゃんのような団塊世代は我々が求める懐メロは殆ど知らないし興味も無い、そう言う時代になったのだろう。

Pagetop

Calendar

<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

Archives

QR code