ぶろぐろじん

懐メロのこと、その他日常の出来事などつぶやきたい時に発信して行きたいと思います。
忠義ざくら
忠義ざくら 三門順子 S16 KIN 南条歌美作詞 細川潤一作曲

後醍醐天皇が隠岐に流される途中、津山の院の庄に立ち寄った時、児島高徳と言う武将がお救いせんものと遠方からるばる来たが、警戒が厳しく諦めざるを得ず桜の幹を削って漢詩を書き残したとの故事を唄ったもの。
〜天勾践を空しうするなかれ時に范蠡なきにしも非ず〜
津山市のご当地ソングでもあり、宴会の席で子供の時から良く聴かされてきた。
戦時中は歌詞の内容が忠考の模範の曲でもあり教科書にも取り入れられた。



三門順子の芸域は大変広く、長唄、清元、常磐津、小唄、特に詩吟が得意で忠義ざくらの中にも詩吟が取り入れられている。
忠義ざくらを作曲した細川潤一は昭和10年当時駆け出しの作曲家で東海林太郎と共晶の「新納涼音頭」の宣伝キャンぺーンに伴奏者として参加したのが三門順子との出会いだった、三門順子母娘は親切で世話好きで多くの人に愛された、彼女の母親は細川潤一が独身なのをみかねて嫁を世話した。

戦前のレコードと言うものはレコード売り上げ記録が残って無いので、戦後でも歌い続けられている曲以外はどの程度ヒットしたのか判らない、当時の人が言っているのを信用するしかないが、その人たちも遠い西の空に行かれ聞くこともできない、ナツメロ会に来ている会員で三門順子を知っているものはほんの少数であろう。
auther : 夏目魯人 | - | comments(3) | trackbacks(0) |