2019.06.05 Wednesday

小学生の頃(1960年代)田舎の自然はまだ保たれていた、家から少し歩いたところの小川にはたくさんの蛍が見られた、婆さんが言うには若い頃(大正)は川が真っ赤になる程だったそうだ、やがて田んぼに農薬を撒きだすと蛍はだんだん見られなくなった、中学生の頃は数10匹しか見られなくなった。
もう実家も人手に渡ったのでこの時期帰ることも無い、まして夜に蛍を見るなんてことは一生ないかもしれない。

先の大戦でコタキナバルに駐留した兵隊が、真っ赤に光る木を見たと、何かで聞いたことがある、蛍の木を見て兵隊の心も幾らか和んだことだろう。

コメント一覧

  • 蛍、長い間見ていません。
    小学生の頃は、家の中にも入って来たので蚊帳に入れていました。
    近所の友達と篭や葱に入れるために葱を持って行っていました。
    下の息子が小学生の頃に、母が蛍が珍しそうに捕ったと言ってたので、
    昭和60年頃には少なくなっていたと思います。
    ふるさとでは「滝川ほたるまつり」があるようです。
    此方は毎年、蛍のイベントがありますが、行ったことはありません。

    http://okayama-kodomo.net/blog/2016/06/02/2477/

    https://miyaono.exblog.jp/10542325/

    [ふるさと] 2019/06/05 1:04 PM

  • 子供が小学生の頃に帰省した時、「まだ蛍は居るかなー」と見に行った時、何とか3,4匹飛んでいました。
    川も護岸をコンクリートで固めてしまっているので蛍も住めないでしょう。

    [魯人] 2019/06/05 3:08 PM

コメントする





このエントリのトラックバックURL

http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/227990

トラックバック一覧

Pagetop

Calendar

<< September 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

QR code