2019.04.29 Monday

月曜日以降は雨模様なので、長い連休の2日目の28日須磨寺に行くことにした。
以前に読売テレビ「テンの若一調査隊」で須磨寺をやっていて、何時か行ってみようと思っていた。
山電須磨寺駅から真っすぐに歩くと赤塗りの橋が有り、渡ると左手に平敦盛と熊谷直実の一騎打ちの場面の銅像が立っている。
須磨寺は源平合戦の時の源氏方の陣地で、義経が敦盛の首実検をした所と言うことらしい、敦盛の首洗いの池、義経が腰かけた松が置かれている。
敦盛の首塚が有り首実検の後この寺に埋められたのだろう、胴体は一ノ谷の古戦場に葬られ敦盛塚として五輪の塔が建っている。
宝物館には敦盛の「青葉の笛」が展示して有る、相当に古くひび割れが目立つ。
    須磨寺や吹かぬ笛きく木下闇 松尾芭蕉
パンフレットを見ると奥の院が有ったので長い階段を登りお参りした、丁度昼時だったのでお坊さんの読経が有るとのことで中に上がって拝聴した、最後に法話が有り赤飯のおにぎりと御菓子のサービスにあずかった。
庭に高野山遥拝所が有り、義弟が眠っている高野山に向かってお祈りした。
須磨寺の副住職は有名人でYUTUBEで数々の法話を流している、5月4日に法話が有るとポスターが貼ってあったが、もう一度出直すのもなかなか。
赤飯だけでは足りないので参道にある飯屋に入った、嫁は焼きそば、自分は野菜炒め定食を注文した、表のサンプルは黒ずんで汚かったが味は中々良かった。

近くに綱敷天満宮が有るのでついでに参拝した、全国に一万社ある菅原道真を祭る天満宮の二十五霊社一つと言うこと、合格祈願に多くの参拝が有るらしい。


須磨寺


綱敷天満宮

コメント一覧

  • 須磨寺、須磨の浜辺、行ったことがあります。
    青葉の笛が錆びていたので、長い間色んなことを考えていました。
    昔はあちこち、鞍馬山、五条大橋、吉野山の狐忠信の碑‥

    最近のコメントの表示が見えませんが、過去のコメントを書くとどうなるのでしょう。

    [ふるさと] 2019/04/29 12:22 PM

コメントする





このエントリのトラックバックURL

http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/227744

トラックバック一覧

Pagetop

Calendar

<< August 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

QR code