ぶろぐろじん

<< 弊害 | main | 肩の荷が下りた >>

久寿川
ウクレレ教室にはサロンと言って茶話会的な教室も有る、そのウクレレサロンでの男性の話、彼は西宮生まれで西宮の地理に明るい、若い時に西宮今津あたりを通りかかった時、道端にたくさんのSPレコードが散乱しているのを見つけたと言う、私がそれは太平レコードが有った場所だと言ったところ、彼は「なるほどそれで!」と感心していた。
太平レコードが有った西宮今津中山町は阪神電車の久寿川駅から北へ直ぐの所に在った、太平レコードがマーキュリーレコードに社名変更する昭和28年にデビューした歌手が久寿川映子、おそらく久寿川駅から芸名を付けたのであろう。

太平レコード、マーキュリーレコードからは多くの歌手がデビューしたが昭和35年には多くの引き抜きに遭い事実上の営業停止状態と悲しい末路を迎えた、それでも昭和55年までは細々と続けていたが、いよいよ立ち行かなくなり長い歴史の幕を閉じた、後に訪れた人によると物は散乱しっぽなしで、とても寂しい状態だったとか。

今では信じられないが太平レコードが健在であった頃、久寿川駅にはたくさんの人気歌手が乗り降りしていたのであろう、生え抜きの藤島桓夫、松山恵子から移籍歌手の岡晴夫、東海林太郎、田端義夫、近江俊郎、竹山逸郎、平野愛子など、見かけた人も多かったのではないだろうか。
auther : 夏目魯人 | - | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
久寿川映子の音源は無いですね、名前は見たことがありますが、昭和28年ころから30年あたりまで在籍していましたか、久寿川駅は甲子園駅の次で各駅停車のみ止まるんですね、
人間も落ち目になると、それまで面倒見ていた連中も離れていくけど、藤島・野村・松山あたりはよくわからないが、金銭的な事情もあるんでしょうか、高峰文子の声がネットで聞けますね、三島武雄は藤島恒夫と対抗・寿賀太郎は松平晃の弟子などと、もう60年ちかくたち移籍歌手などの名前も知らない人たちが多くなりました。
| 芋焼酎 | 2018/10/31 9:25 PM |
昔マーキュリーの売れない歌手のドラマを見たことが有るが、自分と同じくくすぶっていた西田佐智子がポリドールに移って「アカシアの雨がやむ時」でブレークしたのを寂しく聞いていた。
| 魯人 | 2018/11/01 5:47 AM |
管理人さんは若い頃、歌い手になろうとする気持ちが
おありだったのですか?私が懐メロを歌う会に入会したのが
28歳のころ、その当時の会長(もう故人)曰く、とんでもなく下手なのが入会してきたなでした
そー言えば「マーキュリーアワー」と云う
ラジオ番組がありました。
| 芋焼酎 | 2018/11/01 2:05 PM |
歌い手なんてとてもとても、だが「バンドマンになりたい」と叔父に言ったら「アホか」と怒られました(^_^;、世間知らずなオクテでした。
| 魯人 | 2018/11/02 4:37 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/226477
トラックバック