ぶろぐろじん

懐メロのこと、その他日常の出来事などつぶやきたい時に発信して行きたいと思います。
<< 忠義ざくら | main | ド忘れ用 >>

戦前の流行歌
小生がステレオなる物を初めて見たのは高校1年の時、近所の悪ガキの兄が買ったのを聞かせて貰った時、その時悪ガキがかけたレコードはたしか都はるみのデビュー曲「困るのことよ」だったような、ジャケットの彼女の写真を見ていやに出っ歯な娘だなと思ったのが印象に残っている。
そんなことだから戦前に蓄音器を持っている家庭なんてほんの一握りの上流階級、したがって流行歌のレコードを買うのはその人達で、売り上げ枚数もたかが知れている、一般人はラジオを聴いて当時の流行歌を知ったのだと思われる、そのラジオに流される回数でヒット曲の目安となったのではないだろうか。
やがてもう戦前では無いと言われた昭和20年後半から中流階級まで蓄音器を買う余裕が出来て来てレコードの売り上げ枚数もヒット曲の目安になったのだろう。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/221783
トラックバック