2016.10.15 Saturday

天空の城の竹田城はまだ行った事が無いが、竹田城の近くに黒井城(保月城)と言うこれまた天空の城が有るのを知って、何時か行ってみたいと思いつつ今日まで来たが、今日は快晴と聞き思い立って出かけることにした。
朝の8時に家を出て、舞鶴自動車道の春日インターで降りて黒井駅を目指す、あらかじめGoogle streetで確認しておいたので迷わず登山口の駐車場に到着。
車を止めて頂上を目指す、歩き始めて直ぐに上から降りて来る何組かの人に出くわす、朝早いのに不思議に思っていたら、ピンと来た舞鶴自動車道の春日インターの近くに来た時、下界は一面の雲海だった、この人たちは頂上から雲海を見るために朝早くから登っていたのだ。
そんなことは知らないものだから、頂上に着いた時は霧は晴れて残念ながら雲海は見られず終い。
標高356mの頂上に着くと本丸跡に保月城の石碑が有り、360度さえぎるものは無し快晴の空の下素晴らしい眺めです。
この城は竹田城よりずっとコンパクトで、石垣も残っているが小さくてごくこじんまりしたもの、本丸跡の敷地もそう大きくは無い。
この城の城主は丹波の猛将と言われた赤井直正、明智光秀に攻められ落城した、その後光秀の重臣、春日の局の父斎藤利三が城主となる、春日の局の里と看板が出ていたので彼女はこの地で生まれたのだろう。
登っている時に頭に浮かんだのは、攻撃側の明智光秀の軍勢は、急峻な山道に苦労したのだろうと言うこと、自分は頂上に着くまで疲れ切ってしまったが、兵は頂上に着いても合戦が待っている、途中で敵の伏兵に襲撃されるかも、昔の兵は随分と体力があったのだろう。




コメント一覧

コメントする





このエントリのトラックバックURL

http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/220343

トラックバック一覧

Pagetop

Calendar

<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

Archives

QR code