2016.10.10 Monday

20年ほど前、宝塚のあいあいパークに春霞と言うつるバラが売られていたのを購入した、蔓を這わす為に必要だろうとホームセンターで2x4の木材を購入し木製のパーゴラを作った、塚石の上に足を立てていたのだが10年経って下の方が腐って鋸で切り詰めてから、この頃又傾いて来た、調べて見るとやはり足が腐っていた。
またパーゴラの背面には目隠しにとラテスを貼っていたのだがこれもボロボロに腐って見苦しい。
今朝ホームセンターにラテスと木材を買いに走って、一日掛かって修理した。
これで後10年はもつかな?、その頃はもう修理出来ないだろうが...

大きく育ったバラの根元を見ると木屑が出ている、調べて見ると穴が開いている、紅葉に続いてバラにもテッポウムシが入り込んだようだ、せっかくパーゴラを修理したのに肝心のバラが枯れてしまうかも。

コメント一覧

コメントする





このエントリのトラックバックURL

http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/220313

トラックバック一覧

Pagetop

Calendar

<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

Archives

QR code