ぶろぐろじん

<< 法要 | main | さいはての旅愁 >>

地理女
日帰りの帰省で運転疲れしてしまい8時には寝入ってしまってた、何時ものように夜中に目覚めた、テレビをつけると「タモリ俱楽部」をやってた、タモリと相対するは地理が大好きな女子の集まり。
昨今歴女、理系女、仏女、カープ女子等々、○○女子と言う言葉が流行りだが、地理女子がいたとは初めて知った。
実は自分は彼女らと同類の地理オタク、小学生の頃、他の学科は出来なかったが、地理だけは飛び抜けて良かった、世界地図をそらで書くことができるし、国、首都、山、河川、半島、海、全部覚えてしまっていた、この時ばかりは先生の質問に進んで手を挙げる子供だった、今でも幼少に覚えた記憶は衰えていない、地理に詳しい男子は全国に多いだろうが「地理男子」と言うのは無いだろうか。
番組でタモリと地理女は大盛り上がり、タモリは言わずと知れた「断層おたく」、NHKの「ブラタモリ」でその才能を随所に見せている、地質学などにも学者並に詳しい。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/220033
トラックバック