ぶろぐろじん

<< 高野山 | main | 震災 >>

お百度参り
嫁が日頃から仲良くしていた隣の奥さん、1時間も話し込むのは度々のこと。
その奥さん去年の秋からものが食べられなくて急に痩せてしまった、掛かりつけのやぶ医者は「あんたの場合は今まで太りすぎていたので、少々食べられなくても痩せられて丁度良い」と、とんでもない診断、そのまま今月まで来てしまったが、さすがに旦那さんは心配して昔かかっていた病院で診てもらうと即入院、検査の結果、末期のすい臓がんで余命半年、旦那さん憔悴して今にも泣きだしそう。
実はこのやぶ医者には反対側の隣人の奥さんも同じように扱われ市民病院で、すい臓がんと診断され亡くなっている、両隣の奥さんが誤診被害に遭っているのだ。
昨日旦那さんから聞かされた、うちの嫁は今朝になり急に石切劔箭神社に行ってお百度を踏むと言いだした、この神社は「でんぼ」の神様として有名、自分は昭和46年に活躍した競馬の「イシキリツルギヤ」で想い出がある、神馬にふさわしく白い馬で何回か優勝している。
地下鉄中央線本町から乗って近鉄けいはんな線「新石切」で降りて5分ほど歩いて石切劔箭神社に着いた、鳥居をくぐってすぐ本殿の前にお百度石が有り、多くの人がお百度を踏んでいる、早速列に参加して歩き始めた、百回廻りきるのに1時間、7000歩。
終わった時はお昼の時間、旧参道を暫く歩いて、呼び込みのおばさんにつられて入った店、明石家さんま一向がおとづれたようで写真が貼ってあった、よもぎうどんのサービス定食1100円を注文、嫁は生ビールを追加、サービスのおでんのじゃがいもは結構いけた。
帰りに駅の反対側に有る「風の湯」に寄って来た、入浴料は650円と安く、湯船は結構大きくてお百度参りの疲れが取れた。
今日の歩数22000歩。

石切神社




auther : 夏目魯人 | - | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
呼び込みにつられてたまたま入りました、みどり色のうどんの上にヨモギの天ぷら、みやげにキューリの漬物でした。
| 魯人 | 2016/04/16 2:43 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/218683
トラックバック