2016.03.10 Thursday

うど菜

10年程前実家の法事の食事の時、親戚の同級生が「うど菜」と言う野草が美味しいと教えてくれた、自分はそんな野草の名前をその時初めて聞いた、彼は何処かの野原にたくさん生えているのを採って来ると言っていた。
8日に帰省した時その「うど菜」が美作の菜菜茶屋にたくさん並べられていて1パック250円のものを買って帰った。
さっそく普通の独活と同じように湯がいて酢味噌で食べた、香りが強く中々美味しかった。
地方によっては「ハナウドの若芽」と言うほうがわかりやすいと言われている。
昔観たテレビ番組で大きく成長した山独活の先端の若芽を採取して食べられている事は知っていた、田舎の畑の隅に生えていたのを天ぷらにして食べたことがあるが、この場合は写真のように根元が白くは無いし少し硬めなので違うような気がする。
そろそろスーパーには栽培独活が並べられているがちょっと高い、春を実感させる野菜でもある。

 

Comment

Post a Comment










This Entries Trackback Url

  • http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/218217

Trackback

 

Page Top

Calender

<< January 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

Recent Entries

Recent Comment

Archives

QR Code