2016.02.27 Saturday

思い出

小学生低学年の夏休みに祖父母に連れられて岡山市の親戚の家に泊まったことが有る。
親戚の家には頭のハゲた小太りのお爺さんと30代の夫婦に小学生の男の子がいた、 2泊ほどしたと思う、男の子が近所を案内してくれた、岡山南高校の横を通ったので岡山市南部のあたりだろうか、岡山南高校は今年の高校野球の県予選で準決勝で敗退したと言っていたように思う。
翌日は岡山市内を案内された、繁華街の映画館に裕次郎の大きなポスターがかかっていたのを記憶している、上半身裸で手に漁師が使う「打ち鉤」を持って立っている大きなポスターだったが、何と言う映画か、昭和33年頃の若い頃の映画?
昼食に入った店で、生まれて初めて食べたかつ丼が、世の中にこんな美味いものが有ったのかと感激しながら食べた、当時の田舎では物を買って食べる習慣は無かったし外食など殆どしたことが無かった、祖母はその家が毎日買い物をしていると聞いて感心していた。

中学生当時、同級生の家が焼きそば屋をしておりケチで有名だった、そばは鉄板で客と対面して焼いているが、客が焼きそばを注文すると、そば玉を必ず奥に持って行き2,3本抜いて、集めて1食分にすると、もっぱらの評判だった、それでも近くに店はここだけなので結構流行っていた、母親が養老院に入った後息子が後を継いだが全く流行って無く閑古鳥が鳴いている。

 

Comment

姉弟3人とも小学生だったかな?
親戚の中学生の従姉妹と柵原の伯母の家に行った時に、
叔父がお好み焼きを作って呉れた。
従姉妹2人と私達4人が2〜3回ずつ順番に食べた。
柔らかい生地の上に乗せた具が目新しい物ではないけれど、
とても美味しかったので、帰ってから姉と一緒に父母にも作ってあげた。

裕次郎の映画は「勝利者」のようですね。
観ていたら「若ノ花物語 土俵の鬼」にも出演していますね。
ふるさと | 2016/02/27 3:17 AM
「勝利者」の映画ポスターとは違うようです、映画ポスターとは別にサブポスター的なものだったのか、縦に長細くとにかく大きかった、映画の中に乱闘シーンが有ったのか「打ち鉤」を持って仁王立ちって感じ。
魯人 | 2016/02/27 8:25 AM

Post a Comment










This Entries Trackback Url

  • http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/218071

Trackback

 

Page Top

Calender

<< January 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

Recent Entries

Recent Comment

Archives

QR Code