ぶろぐろじん

<< 六甲ハイク | main | 例会 >>

小皇帝
中国の一人っ子政策は今から35年前に始まり、大切に大切に甘やかされて育てられた子供が大人になり、自己中で我儘ほうだいの問題児に成長したのを「小皇帝」と呼ぶ。
先日の六甲ハイクの帰り車で有馬温泉を通った時、大勢の中国人らしき団体に出くわしたが、彼らは車をよけようとはしない、散髪屋の兄ちゃんにそのことを話したら、中国人は温泉に入る時とんでもない入り方をすると言っていたが、どんなことだろう、想像するにシャンプーボトルを使い切るとか持って帰るとか、そんなたぐいだろう。
後10年もすると中国は小皇帝だらけの国になり、中国政府の中枢も小皇帝が進出し、今でも他国に対する迷惑おかまいなしの身勝手政府で問題なのに、この先さらに激しくどうしょうもない国になることだろう。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/212533
トラックバック