2014.09.22 Monday

野々村元県議の使い込みの後も、次から次へと出てくる破廉恥議員、「資料は有るけど説明できない」などと訳のわからない言い訳をして見っとも無いこと甚だしい、普通の常識の有る人なら近所も歩けないほど恥ずかしい事なのに、こう言った人間は不思議と何も感じないらしく平気である、常識ある市民から見るとまことに情けない恥さらしの連中だ。
また不思議なことに次の選挙の時に又この破廉恥議員は当選してしまうのである、以前ブタ箱に入りながら当選した市長もいたが、住民は和歌山の非常識と言って嘆いていた、誰かが国民の半分は常識の無いアホと言っていたがそれが当選してしまうからくりか。
問題の議員は記者を振り払って議場を逃げるように駆け出したが悲しいかな69歳ではそう長く走れる訳も無く、若い記者に追いつかれ息も絶え絶え、何とも奇妙な説明をしていたが、議員なら自分が言っていることが理に適っているかどうかわかりそうなものなのに、こんなアホが8期も連続して当選していたのが兵庫県民として悔しい。

https://www.youtube.com/watch?v=xxYqDFoVIm4

コメント一覧

コメントする





このエントリのトラックバックURL

http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/211592

トラックバック一覧

Pagetop

Calendar

<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

Archives

QR code