ぶろぐろじん

<< 花梨 | main | 菊池 寛 >>

ゴミ仕分け
大阪もとうとうゴミ仕分けになったようだ、会社が大阪にあった時はなんでもかんでも1つのゴミ袋に詰めて出していたが今度からは大変だろう。
仕分けされた目的は資源の再利用であるが、ここに気になることがある、
ゴミの中で古紙は再生紙の原料として使われるわけであるが、それは製紙用の木材を伐採することによる森林破壊となるのを防ぐのが大きな要因であるが、日本の製紙産業はほとんど森林破壊をしていないと言う統計が出ている、再生紙生産には石油の使用量が2倍になるとして古紙100%の再生紙生産は止めてしまっているのが現状である、であれば古紙は生ゴミを燃やす炊きつけとして利用すればその分石油の使用量が少しでも減るわけで、古紙を再生紙として再利用するよりましなのではないか。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/206637
トラックバック