2013.05.13 Monday

今朝犬の散歩途中で、ある家の軒先から燕が飛び出したのを見た。
そう言えば自分の子供の頃は田舎でよく見かけた光景である。
昔の田舎の家はたいてい玄関入ってすぐに土間があった、必要性からそういった作りになっているもので、土間に筵をしいて夜なべ仕事をしていたのを思い出す。
そして毎年その土間の天井に燕が巣を造っていた、家の人も天井に板を打ち付けて巣作りしやすいようにしていた、燕は子供を人間に護ってもらえることを知っているかのようで、私が子供時代に親燕がやたらと啼くので見てみると大きな青大将が巣に近づいて子供を襲おうとしていた、祖父が飛んできて棒で青大将を叩き落した。
子供が巣立つまで玄関は開けておかなければならずそのままで留守にしていた、今ではとても危ないが泥棒に入られたこともない。
夜になると扉は閉めてしまうが親燕も子供と一緒に家の中で寝る、朝になると家人が扉を開けるのを待ちかねたように餌探しに飛び立って行く。
私の実家もいまでは土間をつぶして座敷にしてしまい燕は巣を造らない、となり近所の家も同様で燕はいったいどこに巣を造っているのだろうか。

コメント一覧

コメントする





このエントリのトラックバックURL

http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/203858

トラックバック一覧

Pagetop

Calendar

<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

Archives

QR code