ぶろぐろじん

<< 雪の旅路 | main | 母の便り >>

みかんの故里
三橋美智也のレコードには果物のみかんとりんごの名がついた曲があります。
昭和31年「リンゴ村から」の大ヒットに伴い翌年には「リンゴ花咲く故郷へ」を吹き込みこの曲もヒットした、そして昭和35年には「みかんの故里」を吹き込んでいる。
リンゴ村からはおそらく青森だと思いますがみかんの故里は何処をさしているのでしょう。
この当時は田舎を舞台にした曲がたくさん作られました、やがてフランク永井がデビューして都会調の曲が主流になって行きます。
三橋美智也の市販カラオケは結構でていますが「みかんの故里」は有りません、この曲の楽譜もネットで入手しカラオケを作製しました。
レコードの片面は「海峡」ですがなぜかこの楽譜は「こけしぼっこ」とカップリングになっています。

思い出すナー思い出すナー 今頃は
故郷じゃみかんの実る頃

故里のみかん畑が目に浮かんできます、いつになっても故郷は懐かしいものです。
私にも山川のある故郷があり、目を閉じれば青々としたたんぼの景色が浮かんできます。


auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/198683
トラックバック