2019.11.28 Thursday

人口減少による過疎化が日本各地で報じられている、過疎化現象は農村僻地ばかりでは無く、都会の老朽化市営住宅なども入居者の高齢化に伴い徐々に進んでいる。
自分の住む住宅地でも2件隣りが認知症で夫婦そろって老人ホームに入居して現在空き家に、他所で暮らす息子は当分家はそのままで売らないと言っているらしい。
反対側の2件隣りの婆さんは10年前70歳になった時、私は年寄りでしんどいので町内会行事は遠慮させてもらいますと身勝手な振る舞い、そのくせ足腰は達者で毎日ふらふらと外出している。
3件隣りは先々月亡くなって現在空き家、未だ売りに出されている気配は無い。
両隣はやもめで、同居している息子は親が亡くなれば売って出て行くと言っている、気の合う人が買ってくれれば良いけど、いけずな人ならそれこそ地獄。
土地開発からもうすでに30年、若くして入居した家も殆ど70から80代、町内会役員もすぐに回ってくる、この先とても不安。

Pagetop

Calendar

<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

Archives

QR code