2017.07.01 Saturday

知るや男の純情を S27 TEI 田端義夫 松阪直美作詞 倉若晴生作曲

昭和14年にボリドールから発売された北廉太郎の「男の行く道」の異題曲。
歌詞はそのままで題名を歌詞の最後のフレーズから拝借した珍しいケース。
片面も同じく北廉太郎の「出船の唄」の異題曲「別れ桟橋」。
さすがバタヤン、両曲とも全く自分のものにしている。
「男の行く道」をなつめろ会で歌ったことがあるが司会者を含め殆どの会員が知らなかった。

バタヤンもこの年あたりからヒット曲が出なくなり「肩で風切るマドロスさん」「浅間の鴉」「舞妓物語」など小ヒットのみで昭和30年の「親子舟唄」を最後にレコード会社を移籍したり試みたが永い低迷期が続いた、そして昭和37年の「島育ち」で奇跡のカムバックを果たすことになる。

Pagetop

Calendar

<< July 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

Archives

QR code