2016.11.04 Friday

練鑑ブルース

先日「東京の流れ星」について投稿したら守屋浩の「檻の中の野郎たち」と言う曲を送っていただいた、この曲は初めて聴いた。
同名映画の中で歌われた曲と言うことだが、同じ守屋浩の「練鑑ブルース」とメロディは同じだが歌詞が違う。
昭和35年当時、かすかに覚えているのは「練鑑ブルース」の方で2番目の歌詞
身から出ました錆ゆえに
嫌なポリ公にパクられて
手錠はめられ意見され
着いた所が裁判所

「練鑑ブルース」は発禁になったが守屋浩は同じメロディで「達者でいるかよお母さん」を吹き込んでいる、番号がSA-253と言うことは昭和34年後半と言う事になる。
この曲の出だし〜ふるさと捨てたじゃないけれど〜は記憶に有るのでラジオでは当時良く聴いたのだと思う。

ふるさと捨てたじゃないけれど 
何でこのまま帰らりょか
きっと一花咲かせてよ 
花を土産に帰るのさ
      
達者でいるかよお母さん 
嫁に行ったか妹よ
呼んでみたとて故郷は 
夢で見るよりまだ遠い

歌詞を見るとこの息子は妹が嫁に行ったか判らない程ご無沙汰しているようだ
花の東京へ出たものの世間の厳しい風にさらされている.....
それにしても「可愛いスーチャン」は多くの替え歌で歌われている。

守屋浩については自分が20代の頃、偶然旅先で見かけたことがある。
それは飯田市の天竜峡を旅した時、天竜舟下りの舟に新婚の本間千代子と二人で乗っていた、この頃二人は倖せ絶頂だったが後に別れてしまった、夫婦の仲と言うものもむつかしい。

今日のMBSちちんぷいぷいで備中松山城を取材していた。
| top |

Page Top

Calender

<< November 2016 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

Recent Entries

Recent Comment

Archives

QR Code