2016.04.30 Saturday

岩原山

昨日は肌寒い一日で北海道では積雪が有った、風も強く歩くには少し抵抗が有ったが、宝塚市の最高峰の岩原山(573m)に登って来た。
以前武田尾の大峰山(552m)に登った時、この山が宝塚市で2番目に高い山で、1番は岩原山と知り、何時か登ってみようと思っていた。
岩原山は六甲縦走路の東端に近い位置に有り、六甲山登山者は通り過ぎるだけでめったに登る人はいないのではないかと思う。
朝10時に家を出て宝塚駅から宝来橋を渡りホテル若水の向かいの道を登って甲子園大学を目指す、甲子園大学はよくもこんな高所に建てたものだと思う所に有り、周りにも高い石垣の上に民家が数件建っている、地震で崩れたら千尋の谷に落ちてしまう、おちおち寝られたものではないだろうに、宝塚市は平地が少なく住宅が山へ山へと昇っている、甲子園大学の真下の谷底の薄暗い所にも新築中の家がある、日照時間はとても短いだろう。
ここから塩尾寺までのアスファルトの道をひたすら歩く、塩尾寺に着いたのが11時半で、鐘楼の前のベンチに座りスーパーで買った弁当を食べた。
六甲縦走路の看板を見て山道に入り、ひたすら高度を稼ぐ、岩倉山の展望所を過ぎてからも長い縦走路をきつい風にあおられながら歩き続けてやっと岩原山の登り口に到着、頂上まで300メートルの立札を見て長い距離だなと思いつつ登り始めた、いい加減フラフラになりながらやっと頂上に着いた、見通しはきかない山頂にケルンの上に宝塚市最高峰の立札が有る。
元来た道を引き返し岩倉山の過ぎたあたりに生瀬へ降りる道が有ったのでそのコースを取った、踏み後もしっかりしているので安心していたが、しばらくすると判らなくなり、鉄塔の辺りで道が判別しなくなり、やがて登りはじめた、暫く登ると元の道に出てしまった、こうなると引き返すしかない、今までこんな経験は何回もしている、迷ったと思ったら引き返すこれが鉄則、帰ってからネットで調べると生瀬から登った人のHPに「鉄塔の場所は上から降りて来た人は迷うかも知れない」と書いてあった、生瀬へ通じていることだけは確からしい。
甲子園大学から元来た道を戻るつもりが、間違った方向に降りてしまい、宝塚南口の近くに降りて来た、ほんとに宝塚の山手の道は迷路が多くて解りづらい。
本日の歩数36,391歩


塩尾寺


岩原山山頂

| top |

Page Top

Calender

<< April 2016 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Recent Entries

Recent Comment

Archives

QR Code