2016.01.05 Tuesday

父母のこえ 与田準一作詞 草川信作曲 昭和19年

太郎は父の故郷へ
花子は母の故郷へ
里で聞いたは何の声
山の頂雲に鳥
希望大きく育てよと
遠く離れた父の声

何時の例会だったか、確か押谷先生が唄われたと記憶しているが、その時解説でこの歌の経緯を説明されたのだが、うろ覚えで思い出せない、自分にとってはこの時初めて聴いた歌だった。
草川信は著名な童謡作曲家で数多くの童謡を作曲している、ゆりかごのうた、夕焼小焼、どこかで春が、汽車ポッポ

この歌はレコード吹き込みされたのだろうか、誰が歌ったのだろうか?
なんとなく波平尭男と言われたような気がするが....

昭和19年と言えば戦局も敗戦が色濃くなっていた時期、当時田舎にはたくさんの児童が疎開されていた、彼らにとっては涙が溢れるほど懐かしい歌だと思う。
親元を離れ、田舎の寺や旅館などで集団生活をした当時の疎開児童たちがこの「父母のこえ」を唄って寂しさをまぎらした。

Pagetop

Calendar

<< January 2016 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

Recent Entries

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

QR code