ぶろぐろじん

<< がっかり | main | 初詣 >>

令和元旦
年号が令和に変わって初めての元旦。
まさか昭和、平成、令和、3代に渡って生きるとは!、さすがにもう改元は無いだろう。
今年は娘と息子が里帰りし平穏な正月を過ごした、例年は元旦に初詣に行っていたが今年は4日になりそうだ。
昨日叔父から手が震えて年賀状が書けなかったと電話が有った、83歳になったと電話の声はガラガラで相当老けたなと感じた、もう一人叔母が存命だが、この2人のみで段々親族が無くなって行く。

auther : 夏目魯人 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
今年も宜しくお願いします。
ほんとにそうなら、でこんなにも長生きできるとおもいませんでした。父方のおじさん・おばさんは亡くなり、母方のおじさん・おばさんも残ってるのは二人、従妹となるとやはり叔父さん・おばさんが元気なうち今ではまったく顔を合わせる機会もなくなりました。人生100年と云いますが、体が動いてボケてなければいいけど、年賀状も現役の時と比べると半分以下、書く手間がなくなってはがき代もすくなくて済むものの、なんとなく淋しい気もしないでもなく、年月は過ぎていくのでしょうか、花も嵐も踏み越えて、泣いた笑った三百六十五夜のと、今ではまっとうに正直にひとの為になんて、考えて遠き行く手に仄々と緑うれしや・・・で今年もなんとか生きて行こうです。
| 芋焼酎 | 2020/01/03 3:49 PM |
今年も懐メロがんばって歌ってくだい。
今日は遅まきながら初詣に近くの神社に行ってきます。
一年間平穏に過ごせたらそれだけで満足です。
| 魯人 | 2020/01/04 8:34 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/229441
トラックバック