2019.05.08 Wednesday

つい最近テレビで戦場詩歌なるものを目にした、作者は[宮柊二]、苛酷な戦場での体験を短歌にしたためた歌集、もちろん戦時には発表出来ないので戦後になって自身の体験を発表した。
軍国歌謡はたくさん有るけれど戦争の悲惨さを歌にしたものは皆無である、軍部が許すはずもない、宮柊二の短歌は戦場での臨場感に溢れていて戦争の悲惨さを如実に表している。

宮柊二秀歌

コメント一覧

コメントする





このエントリのトラックバックURL

http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/227798

トラックバック一覧

Pagetop

Calendar

<< August 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

QR code