ぶろぐろじん

<< 帰省 | main | 台風 >>

秋の気配
盆が過ぎ暫く涼しくてエアコンも無しで過ごせたが、昨日は猛暑がぶり返しでまたエアコンの世話になった、今日も台風接近の影響でフェーン現象になり天気予報では37度の猛暑になりそうだ。
日照りのせいかどうか街路樹の所どころ色づいて来たように思う、秋は確実に近づいて来ているようだ。
9月は2回音楽パーティが有る、1回目はウクレレ発表会なのでハワイアン曲だが、2回目のは何でもOKと言うことなので、場違いになるかも知れないが一丁懐メロでも歌ってやるか......
auther : 夏目魯人 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
この2年間介護施設を慰問するお姉さんが身体の具わいが悪く、お呼びが掛からないで残念に思っています、懐かしの曲歌って下さい、私は喉がうずうずしています。9月の月例会には月・丘・旅・故里など秋らしい曲を歌うつもりで、今練習しています。まず「松平晃のさらば故郷」戦後近江俊郎も吹込みしていますが、近江はこのS27でコロムビアを辞めキングへ、、次はハルピンの丘(立花ひろし)S8年満洲国が出来この国の中心地、一度行ってみたいものです。3曲目「楠木繁夫の湖底の故郷」の続きで「偲ぶ故郷」大陸へ渡り故郷小河内村を想う、涙が出ます、作詞・作曲は鈴木武男、そして藤山一郎の低音を生かした「想い出の旅情」この後でる「東京の灯」に、にているが、恋しい人を偲んで「三橋美智也のおけさ舟唄」〆は千島列島の最北端「占守島」今は日本の領土でない、を唄った「東海林太郎の北の国境線」塚越老人のカラオケで、やはりなつめろの詩は四季を歌いあげて素晴らしい。管理人さんなつめろ(心メロ)歌ってください。
| 芋焼酎 | 2018/08/22 9:05 PM |
「東京の灯」、「おけさ舟唄」はメロディが似ていますね。
音楽教室のパーティはハワイアン、ジャズなどの洋曲がメインですが、たまたま何でもOKのパーティをやることになり、中には生徒のお婆さん(90歳)が「麦と兵隊」を歌いたいと言っているとのこと、それならば自分も何か流行歌を歌おうかと思ったしだいです。
| 魯人 | 2018/08/23 6:17 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/225910
トラックバック