2018.08.09 Thursday

大げさな、大風呂敷、装飾表現、過剰表現
「山根明は歴史の男」「カリスマ山根」よくもまあしゃあしゃあと言えたもの、普通の人間なら恥ずかしくて言えないヨ、この男の性格を良く表している。
なぜこんな男がトップに上り詰めたのか、おそらく❍暴との付き合いをちらつかせ脅しで人心を掌握したのだろう。
それにしても取り巻きにいる副会長なる男は東大出で弁護士だって、法を護る立場にいながら不正に加担した、こいつも相当責任が重いぞ、とにかく理事の総入れ替えしなくてはアマチュアボクシングの再生は出来ない。

コメント一覧

  • 魑魅魍魎でもありましたが次々となんで出てくるのか?この灯台じゃ間違えだ、東京大学卒業では善人と悪人がいるようで、私の知ってる人にも先生と呼ばないといかん人がいます。また集まりがあった後、進んで後片づけをする人(東大卒)がいたりで、マー威張ってるほうが多いか。相手のミスは攻めるが、自分の事は正当化して返事もない、そして山根あたりにまつわり、おこぼれを頂戴、ある話であるが呼ばれると、ゲスト(客でなく)のつもりでドンと審査委員になったつもりの東大出がいるとか?

    [浅黄斑] 2018/08/09 8:56 PM

  • 東大はガリ勉でひ弱と思われがちだが中には違ったのも居るだろう、吉森のような情けない輩も居て当然のこと。

    [魯人] 2018/08/10 5:20 AM

コメントする





このエントリのトラックバックURL

http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/225808

トラックバック一覧

Pagetop

Calendar

<< August 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

QR code