ぶろぐろじん

懐メロのこと、その他日常の出来事などつぶやきたい時に発信して行きたいと思います。
<< 公智神社 | main | ボランティア >>

健脚老人
昨年のマスターズ陸上で日本人85歳が100m15秒91の世界新記録を持っている、自分と同世代の記録は13秒35、とてつもなく早い。
テレビで草野アナが100mと砲丸投げでマスターズ陸上を目指すと言っていたが、彼は毎日長時間の筋トレをして鍛えているので当然出来るだろう。
今の自分は何秒で走れるだろうか、日ごろ練習もしていないで全力疾走などしようものなら怪我をするのが落ちである。
30代の時友人3人と立山連峰から欅平まで縦走したことが有るが、自分はくたばってしまいヨロヨロの時、老齢の単独行にサッサと追い抜かれたことが有ったが、当時は達者な老人もいるものだと思っていたが、いざ自分が老齢の域に達した今、はたして単独行ができるか甚だ心もとない。
今からフィットネスクラブで鍛えて篠山マラソンにでも挑戦してみようか。

auther : 夏目魯人 | - | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
初めて伺う珍しい名前と思いますが、飛騨高山の山奥に育ったおやじです。もう80歳を幾つか超えてなんとか孫に、倅におそわりながら、ほうぼうの好きな懐メロに尋ねている老人です、今でも山歩きは健康の源として、頑張っていますが、今日のニユースで三江線(島根と広島を結ぶ)が無くなる(廃線)ということで、地元の人は乗らない、車があるからいらない、なんで、と言いたい車は必要だろうが鉄道がなかったら老人でも、病院とか出かけるのに有り難いと考えるだろうに、地方の人は鉄道をまりり利用しない、これはいかんぜよだと思う、最近の年寄がもう少し、昔の歌を歌って欲しい。
| 眩暈擂 | 2017/02/15 8:18 PM |
「めまいをこする」と言う意味合いでしょうか、中々難読な名前です。
高山には20代の頃行ったことが有ります、その後何回か旅行で行った記憶があります、若い頃登山が趣味で日本アルプスの山に度々登りました。
三江線の三次は実家のある岡山県のすぐ隣の市ですが、一度も乗ったことが有りません、ほんと無くなるとは淋しい。
今の老人はカラオケに行っても現役演歌歌手のド演歌ばかりで「なんでー」と言いたくなります、若い頃は三橋、春日、ひばり、島倉の歌が流行っていただろうに、老人ホームの慰問に行っても古い昭和懐メロは殆ど知りません。
| 魯人 | 2017/02/16 8:33 AM |
今晩は魯人さん元気そうでなによりです、このニュース私もTV朝日の夕方の番組で見ました、まさに健脚老人のごとく、おばあちゃん(90歳)が毎日116段あるJR三江線・宇都井(うずい)駅へ毎日116段の階段を(エレベーター無し)昇って、自分で置いたノートを見るのと、掃除をしに行くそうです。地元の人々はまず乗らない、天空の駅とも呼ばれ下車する人が居るそうで、一日往復8本、朝と晩しか走らない上りは三次止まり(三次駅まで片道650円)、このおばあちゃんがインタビューに答えて、ノートが20冊近くなった等、話していました、ローカル線はJRになって儲からないとすぐ廃止、また地元の人はほとんど乗車したことがない、どちらかと云うと新しく敷かれた路線のようで、やはり地元の人々が乗らないとダメ、懐メロにしても、もう少しラジオなどでオリジナル原盤で、その当時の歌声を聞かせる番組があってもいいと思う、そうでしょ魯人さん。
| 熊さん | 2017/02/16 9:16 PM |
三江線・宇都井駅は鉄道マニアの訪れる駅のようですね、廃線は本当に残念。
こうして利用客の減少から多くの路線が廃線になる最中に新設された路線が有ります、それは神郡から智頭を結ぶ智頭急行智頭線。
明治の時代から計画され幾度も延期の憂き目に遭い、昭和41年に着工に至りながら国鉄の経営悪化で途中中断、長い間作りかけの鉄路が放置されていたが昭和61年に再開され平成6年に開業に至った。
自分は中国道が出来る以前は姫新線で帰省していたが佐用駅を通る度放置されたままの鉄路が気になっていました。
| 魯人 | 2017/02/17 2:58 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/221323
トラックバック