2016.05.25 Wednesday

田端義夫は昭和30年の「親子舟唄」を最後に以降ヒット曲に恵まれず、グラモフォン、マーキュリーとレコード会社を移籍して、それまでの歌唱法を変えてイメージチエンジを試みたもののいずれもパットしなかった。
そして昭和36年に古巣のテイチクに復帰した時、「別れ船」「かえり船」「かよい船」の「船もの」三部作でヒットを連発した長年のコンビの倉若晴生は彼のために復帰記念のその名もずばり「戻り船」を作曲した、しかしこの時もう一人のコンビ作詞家の「清水みのる」はビクターに転出していて不在、代わって「大高ひさを」が詞を書いた。
黄金コンビでの過去の栄光にもかかわらず「戻り船」は期待されたがヒットにはならなかった、しかしその翌年の昭和37年に「島育ち」を会社の反対を押し切ってレコーディングすると40万枚を超える大ヒットとなり奇跡のカムバックを果たした。
改めて「戻り船」を聴いてみると、さすが倉若晴生とうならせる、出来栄えの良い曲。

コメント一覧

  • おっしゃる通りしみじみとした佳曲だと思います。
    歌唱法も以前の素直なスタイルに戻っているようで、この歌い方のままでいてほしかったです。
    ところでたしか昭和37年、NHKラジオの公開歌謡番組(単発だったようです)に田端が出演した時、アナウンサーが「レコード界にカムバックして3年、現在の声で吹き込んだ2枚のLPがヒット賞を受賞して…」と紹介し、「大利根月夜」を歌ったのを覚えています。逆算すると、田端はマーキュリーが倒産した昭和35年にテイチクに復帰したことになるのでしょうか。
    でも35年にはレコードは出ていないようで、「戻り船」は36年に出た3枚目の盤のようです。(「浮雲」、「ダンチョネ」が先に出ています) この後「落葉街道」、「明月男笠」と計5枚出しています。「落葉街道」はジャケットを見た記憶がありますが、この時期の曲は殆ど耳にする機会はないようです。

    [ガタ] 2016/05/26 8:46 PM

  • ご無沙汰でございます、お元気に神社仏閣にお出かけ奥様とで、うらやましい限りです、自分など嫁に高尾山に目に青葉でいかないか?声かけても歩くのやだで、一人出かけてやっこさ2万歩、驚いたのは頂上のトイレに、ウオシュレットがあるのです。話が左に曲がりましたが、この「戻り船」は知りませんでしたが、調べたら音源はありました、呼び出して聞いたところ、ガタはガタビシ様でしょうか、同じように思います、なかなかの傑作,大高ひさをの詩は好きなのですが、あまりヒットが少ないようです、友人に田端ファン(気違い位の男)がいるのですが、(山形の新庄の出)手紙を出しても返事がない、電話しても現在使われてないで心配で、住んでる彦根に夜行バスで行きました、亡くなったとのことでもう戻って来ないのかなーと、この曲を聴いています。

    [熊さん] 2016/05/26 10:45 PM

  • デビュー曲はヒットするしその後も順調で、30年以降の低迷期を除けば、常に表舞台にいた歌手で、スケベもやったし、人生をやり切った感が有ります、全く羨ましい。

    この歳になると知り合いがだんだん亡くなって行きます、1昨年の1月にスチールギターの先生が「体調不良でしばらく講座をお休みします、回復したら連絡します」とメール連絡が来たまま長い間連絡なし、年末に喪中のはがきが届いて、癌で亡くなられたことを知りました。
    今までの教材は残っているので練習をやろうと思えば出来るのだが、自主的には中々出来ない。

    [魯人] 2016/05/27 12:59 PM

コメントする





このエントリのトラックバックURL

http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/219075

トラックバック一覧

Pagetop

Calendar

<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

Archives

QR code