2016.04.06 Wednesday

「武士の娘」杉本鉞子著を1年がかりで読んでいる、月1回の通院日に電車の中で読むだけなので、こんなに時間がかかってしまっている。
今日読んだ中で274ページに日本の子守歌の歌詞「ねんねんよおころりよ」に続いて「ハッシュ、ア、バイ、ベイビー」と言う言葉が書かれていた、日本人ならすぐに「発車バイ」と思うだろうが、あちらでは子供を寝かしつける時の「ねんねんころりよ」と言った具合な意味らしい。

「hush a Bye」は1952年のジャズスタンダードで、日本では旗照夫のデビュー曲となっている、その昔に彼の歌を聴いたことがあった「ルルルルールー ハッシャバイ」当時意味は深く追及しなかったが、この本のおかげで目から鱗である。

今日は電車の窓越しに満開の桜があちこちに見えて、毎年のことながらまた桜の季節を迎えたんだと感慨無量、阪急武庫之荘の駅には桜の古木が数本有り、今年も満開の桜を見ることが出来た。

武庫之荘駅

コメント一覧

  • ポリドールの復刻盤で聴きましたが、バックコーラスはダーク・ダックスが務めておりますね。
    先日ゲタさんが亡くなり、ダーク・ダックスも消滅しましたが歌声は永遠に残るのが救いです。

    [野球小僧] 2016/04/08 9:16 PM

  • 旗照夫は健在のようですね、デビュー当時はカッコイイ美男子だったが、後々にはまんまるこになってしまった。

    [魯人] 2016/04/09 4:40 AM

コメントする





このエントリのトラックバックURL

http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/218565

トラックバック一覧

Pagetop

Calendar

<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

Archives

QR code