2015.10.01 Thursday

今日で9月も最終日、昨日は快晴だったが今日は薄日がさす天気、木曜日から天気が崩れる予報なので、晴れてるうちに以前から行ってみたかった猪名川町の多田銀山へ行くことにした。
何時乗ったのか記憶が薄い能勢電に乗り日生中央駅で下車、着いたのが11時半でサピエの中の中華屋で四川ラーメンの昼食を済ませいざ出発。
ところが歩き始めてまもなく公園のあたりで道を間違えて、住宅街に迷い込み塗装作業中の人に尋ねると、間違っているから元の公園の位置に戻れと言うこと、500メートルほどバックしなくてはならないはめに。
そんなかんなで予定より遅れて、多田銀銅山悠久の館に到着、少し休憩してまず青木間歩を見学、入り口に安全の為ヘルメットを装着とあるのでかぶろうとすると妻が「キャー」と大声、ヘルメットの中に大きな蜘蛛が、払い落したが気持ち悪いので結局かぶらず、ここは照明も有り中を見学できる、生野銀山坑道よりは短いが、頭を打たないよう気を付けて先端まで行くことができた。
ここから台所間歩を目指して歩いていると、久徳寺の跡と山中鹿之助一族の墓所と書かれている場所に出くわした、杉の木が鬱蒼としていて寺院は跡かたも無いが墓のような石塔がかいま見れる、確か山中鹿之助は岡山県高梁市のあたりで殺されたはず、それ以前に住んでいた場所なのか、台所間歩は銀が豊富に採掘され豊臣家の台所を潤し、喜んだ豊臣秀吉が馬上のまま入ったと言うから大きい、しかし中を見学することは禁止されている。
空模様があやしくなってきたので戻ることにした、銀山口からバスで川西バスターミナルまで、楽にかえることができた。
5時間超歩きどうしで老体にはこたえたが30000歩を達成した。

コメント一覧

コメントする





このエントリのトラックバックURL

http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/216444

トラックバック一覧

Pagetop

Calendar

<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

Archives

QR code