2015.01.06 Tuesday

面影の花 島田馨也作詞 江口夜詩作曲 田端義夫唄 

この曲は「街の伊達男」とカップリングされ昭和22年5月に吹き込みされている、テイチクの江口夜詩も珍しいが彼は昭和22年〜23年にかけて14曲テイチクから出している。
面影の花を聴いてみると昭和7年にポリドール時代に作曲した「忘られぬ花」とオブリガートを含め曲の雰囲気がとても良く似ている、おそらく「忘られぬ花」をイメージして作ったのであろう、残念ながら「忘られぬ花」ほどは注目されなかったようである。

コメント一覧

  • 遅くなりましが魯人様、今年も宜しくお願いします。面影の花の音源を聞きました、なかなかの曲で唄いたくなりました、自分は田端義夫の曲は戦前のP社吹き込みのが好きです。素直な歌い方なので、藤島桓夫も昭和30年頃から、唄い方が努演歌に近くなってますが、面影の花のこの歌詞ですが、自分の持っている歌詞本には、2番が・なんとなく 君に呼ばれる 心地して・・・と続きますが、音源を聞くと、思い出は 熱き涙の さすらう身 清き別れの 切なさに 今も残るよ 君が顔 呼べば・・・と聞こえます、正しいのはどちらでしょう?
    今年もお世話になります。

    [くまさん] 2015/01/18 9:00 PM

  • 歌詞を聞き取りしました。


    忘られぬ 
    夢の移り香 面影の
    花を慕えば 甦る
    熱き涙を わが胸に
    教え給いし 人いづこ

    懐かしや 
    夢のえにしか 面影の
    花に告げよに わが想い
    長きまつ毛と 黒髪も
    若き生命の セレナーデ

    想い出は
    熱き涙と 湧く泉
    清き別れの 切なさは
    今も残るよ 君が名を
    呼べば煌めく あの星座

    面影の花のMIDIは作成済みです。

    [魯人] 2015/01/19 7:58 AM

  • 早速歌詞ありがとうございました。自分の持ってる、歌詞本の2番詩は無いのですね。1番の終りで、「あたえ給いし」と有るので、本の間違い・2番の花に告げよは、本では「告げなん」・3番の所で、「君が顔」と本にありますが、「君が名を」なんですか。
    この本は新興楽譜から昭和47年2月に初版発行されてます、「昭和歌謡大全集・戦後編、上巻昭和21年ー昭和40年」当時、千円でした、41年以降は発行なし。
    持ってる本の間違いが多いですね。歌詞を書き換えました。またお教え願います。

    [くまさん] 2015/01/19 8:56 PM

  • 訂正します。

    「告げなん」が正しいようです。

    [魯人] 2015/01/20 3:35 PM

コメントする





このエントリのトラックバックURL

http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/213185

トラックバック一覧

Pagetop

Calendar

<< September 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

QR code