ぶろぐろじん

<< 後処理 | main | 春子 >>

空師
空師と言う職業がある、昨日のテレビで取り上げられていたが、以前にもテレビで見たことが有る、同一人物か判別できなかった。
要は木を伐採するのを主とした職業であるが、林業に携わっている木こりとはいささか違う。
以前は田舎だったところが市街化して、庭木や防風林が大木になり落葉や日陰で近所迷惑になって、やむなく伐採する時に直径1メートルもの大木は植木屋では対応できず、そこで空師の出番となる。
近所に家が建っているので安全に切り倒す必要が有り、空師は木に登って重さが1トンを目安に先端から少しづつ伐採しクレーンに吊るして降ろす。
伐採した木は空師に権利があり販売する為には適当な長さが必要になりクレーンが対応できる目途の長さとなる、大抵は銘木が多く高価なものとなるようだ。

auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/211488
トラックバック